スポーツ

日本、東京、大阪地区で3次ウイルス緊急比

TOKYO(AP) – 日本政府は、現在の措置がコロナウイルス感染の急激な増加を抑制していないという、地元の指導者の要求に応じて、東京と大阪周辺の西部首都圏の第三の緊急事態を発表する準備をしています。

菅義偉首相と主要閣僚は今週後半に予想される東京、大阪および近隣京都と兵庫の緊急事態を決定する前に詳細を議論するために水曜日遅くに会いました。

3月に開始された最近の急増に最悪の被害を受けた地域である大阪は水曜日1,242件の新しい事例を見ており、これは県の最高値であり、東京の843件を超えました。

吉村博文大阪支社は火曜日、バーやレストランでの短時間に焦点を合わせることは効果的ではないと言いながら、彼は事業の中断コマンドを含む、より強力な措置をとることができるよう、緊急状態を要求しました。

京都と兵庫は水曜日、災害緊急を要請し、東京都、これに続くものと予想される。

東京知事百合子小池は、人々の旅行を防ぐために、4月末から5月初めまで日本の毎年恒例の “ゴールデンウィーク”連休を扱う緊急期間を模索していることが知られました。

現在の警報措置は4月5日、大阪で開始され、5月初めまで、東京を含む10地域に拡大しました。 緊急事態の要求は、シュガー、政府が経済的被害が少ない緊急の代替として推進した措置の失敗を強調する。

シュガーは記者団に、今週末までに決定すると述べた。

医療専門家は、すでに初期の感染の流れに遅いという批判に直面しているシュガーに緊急事態に迅速に移行することを促した。

近江茂政府タスクフォース責任者は、国会で「時間は限られている」とし「明らかに人々は、現在進行中の措置に反応していない」と述べた。

現在の警報措置を通じて現指導者は、特定の地域のバーやレストランに拘束力のある命令を下すことができ、違反者に対する罰金と補償を受ける対価として、より短い時間を操作することができます。

2月に強化された法律に基づいて新たな緊急状況が発生した場合、当局は、企業の閉鎖を命令し、他の措置をとることができます。 マスクの着用や家にとどまるなど、一般大衆のための措置は必須ではなく、リクエストに残っています。

全国的に、日本は火曜日基準で9,710人の死者を含む541,496件を記録した。 結果は、世界基準では良い他のアジア諸国よりも悪い結果です。 しかし、人々は忍耐がなく、ウイルス対策にはあまり協力的です。

日本の予防接種キャンペーンは、輸入ワクチンの供給が不足しているのに対し、独自のワクチンを開発しようとする試みは、まだ初期段階にあり、多くの国に遅れています。

水曜日現地メディアは、日本がすでに契約した1億4400万の容量に加えて、9月までに、日本に5000万容量のワクチンを供給することに日本がファイザーと契約を締結することを報告した。 それModerna Inc.の既存の5万容量の契約と一緒にAstraZenecaワクチンの珍しい血液凝固の問題の不確実性の中で、日本の成人人口をカバーするのに十分です。

READ  Coatesは東京オリンピックで最も複雑なキャリアを提供すると言います。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close