トップニュース

日本、東京の街乱乱で7人殺害された囚人処刑 – The Journal

日本は2008年、東京商店街で車両衝突と凶器で7人を殺害した男性を処刑した。

東京(AP) – 火曜日、日本は2008年に混雑した東京ショッピング街で車両衝突と凶器で7人を殺害した男性を処刑した。

古川義久法務上は記者たちに加藤智弘が火曜日早く東京口所で絞首刑に処したと話した。

日本は国際社会の批判が大きくなっているにもかかわらず死刑を維持してきた。 古川は死刑が続く極悪無道な犯罪に対する正当な対応であり、現時点で死刑を廃止することは適切ではないと述べた。

古川は加藤が大量虐殺を徹底的に準備したと述べた。

攻撃で加藤は2008年6月秋葉原電子商店街の街で自分のトラックを運転して群衆と衝突し、3人の歩行者を死亡させました。 それから彼は車から降りて4人をナイフで刺して死亡しました。 彼は10人を傷つけたり傷つけたりした。

以後、国営NHKが放送した監視映像では攻撃2日前、加藤が狩猟用刀を買って店員と笑い、時には手で刺す動作をする姿が盛り込まれた。 報道によると、彼はインターネット掲示板にいくつかの落胆したメッセージと彼が大規模な攻撃で人々を殺す予定だと警告した。

加藤(39)は2011年東京地方裁判所で死刑を宣告され、最高裁判所は2015年上訴を棄却した。

古川は、火曜日の絞首刑が今月初め、安倍晋三元首相の銃器事件に関連していると否定した。

火曜日の絞首刑は去る10月に就任した岸田文夫(Kishida Fumio)首相執権の時、二度目だった。

日本には現在107人が死刑を宣告されており、そのうち61人は再審を要求していると古川が語った。

日本と米国は先進国7カ国のうち死刑を維持している唯一の二国だ。 日本政府が実施したアンケート調査によると、国民の大多数が死刑執行を支持することが分かった。

日本では死刑が非常に密かに行われますが、そこでは囚人たちが絞首刑に処される朝まで自分の運命を知らない。 日本は2007年から死刑囚の声明と犯行内容を公開し始めたが、まだ公開が制限的だ。

2021年には3人の囚人が絞首刑にされた。

2018年、日本は13人が死亡し、数千人が病気になった東京地下鉄サリンガステロで有罪判決を受けたオムジンリ教教団と元フォロワー12人を含めて15人を絞首刑に処した。

ファイル – 去る6月、東京最高の電子商店街である男性がトラックを買い物客の群れと衝突させて飛び降りた後、東京警察庁救助隊が東京秋葉原地区で作業している間、街に犠牲者の靴が残されています。 2008年7月8日。 日本は2022年7月26日火曜日、東京秋葉原電子商店街で2008年に乱動を起こし、7人を殺害した疑いで男性を処刑したと法務長官が発表した。 (AP写真/井上一雄、ファイル)

古川吉久日本法務上が2022年7月26日火曜日、東京で記者会見で死刑執行について話している。 日本は火曜日、東京秋葉原電子商店街で2008年の乱動で7人を殺害した疑いで有罪判決を受けた男性を処刑したと法務上が明らかにした。 (APによる刑務所ニュース)

READ  アップデート1 - 日本PMは、現在、2025年度の予算バランス目標を変更する必要はないと思います。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close