スポーツ

日本、東京オリンピックでホッケーの認知度向上の目標

東京2020は、最高レベルの運動選手としての姿と感じを見せるプロジェクトである「Let「s 55 Virtual Experience」を開始しました。 このプロジェクトは、東京2020ゲームプログラムの55個のスポーツをすべてカバーすることを目的とします。

ホッケーに関する限り Samurai Japan」s Ohashi Masaki 東京2020に彼がスポーツを始めた方法とホッケーが魅力的な理由について話しました。

「2年の時、兄が一緒に行こうとしたその時からホッケーを始めました。 私は今27才で、20年の間に走った。 子供の頃の地域リフティング大会があった優勝したかったので、毎日の練習を始めました。

「私は、前日より一回ホッケースティックでボールを上げることがいかに楽しかったかを覚えています。 そのすべての練習のおかげで、私は良いボールコントロールを得見るとスティックをよりよく制御することができました。 自ら入ってみてください! 確かにあなたのスキルを向上させることです。

「もちろん、私たちが東京2020大会で金メダルを獲得し道たいが、オリンピックがホッケー広報にも役立つことを願って。 「サムライジャパン」は、優れたチームワークで有名です。

「防御も攻撃でもチーム全体が互いに参加してサポートします。 攻撃時ドリブルする代わりにボールをパスします。 守備で相手が私たちの選手の一人を越えてドリブルすると、必ず他のプレーヤーがあり第三の選手が彼停止しようとします。 誰もが私たちのチームで働く方式を気付きと思います。」

全世界の機能やストーリーのアイデアがありますか? 私たちと連絡してください!

READ  バスケットボール3x3-セルビアの男は完全に維持し、日本の女性は、フランスに衝撃を与え

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close