エンターテインメント

日本、東京オリンピックの最終準備にコロナウイルス緊急緩和計画

日本はこの週末、東京をはじめとする他のほとんどの地域でコロナウイルス緊急事態を緩和することが予想され、日本が一ヶ月余りぶりにオリンピックのための最終準備を開始し、新たな一日の事例が減少すると予想されます。

日本は3月末から伝染性の強い亜種によって促進される感染症の波を遅らせるのに苦労しており、新たな一日の事例が一度に7,000人以上の急増して重症患者が東京、大阪、その他の大都市圏の病院に負担を与えています。

それ以来、毎日の事例が大きく減り義久に菅首相は日曜日に有効期限が切れている緊急状態を数週間あまり厳しい準緊急状態に下げることが期待されます。

オリンピック開催の潜在的なリスクのための医療の専門家と大衆の懸念にもかかわらず、シュガーは、7月23日から、「安全な」試合を開催することを決定したと発表した。

秋の選挙の前にオリンピックを開催することはまた、彼のウイルス対策のための国民の不満は、あまりにも遅いとの批判を受けた予防接種の推進、どのように彼を保証するのかについての明確な説明が不足して支持率が下落したシュガーに政治的賭けである。 このウイルスは、オリンピック中に広がらない。

政府が任命した専門家は、水曜日シュガーの緊急対策の決定に先立ち、状況を分析するために出会い、措置が緩和された後、感染が再び増加する可能性について懸念を表明した。 シュガーは、より多くの会議を経て、木曜日の最終決定を下す予定だ。

シュガーは4月末に東京、大阪の2つの地域を緊急事態に陥れたし以後10県で地域を拡大して、アクションをダブル拡大した。 日本は強制封鎖を実施していない緊急事態では、県の指導者が規制を遵守する人々に対する補償と違反者に対する罰金と引き換えに重要ではない業務を閉鎖したり、より短い時間をコマンドすることができます。 家にとどまるものと一般人のためのその他の措置は、要求にすぎず、ますます無視されています。

政府COVID-19諮問委員会を率いる国立感染症研究所の脇田竜二所長は、感染が多くの地域で減少したが、その減速は、東京地域で底を打ったました。 彼措置が緩和された後、感染が増加することができると警告した。 彼はすでに若者の間で反発の兆しを見ることができると述べた。

より多くの人々が予防接種をして、全国の3,600万人の高齢者が7月末までに完全に予防接種を受けることが予想されるが、若い人たちは、ほとんどの予防接種を受けておらず、それらの間の感染は、病院にすぐ負担になることができるとWakitaは言った。

彼は「もう一つの急増を防ぐためには、オリンピックと夏休みの間に、人々が動き回ることを防ぐことが重要である」と述べた。

専門家は、世界で最も予防接種が最も少ない先進国の一つでオリンピックを安全に保持するためにワクチンの発売を加速することが重要であると言います。

シュガーは、大量接種センターを開設し、大企業での予防接種を開始しており、一日100万回以上を目標とした。

火曜日現在、日本人の5.6%だけが完全に予防接種を受けました。

予防接種率は依然として低い状況での専門家たちは、緊急事態にもかかわらず、東京の人々の増加を懸念しています。 多くの住民がせっかちがなく、社会的距離を置く要求に少ない協調と彼らは言う。

日本の西部の大打撃を受けた大阪の病院収容人数は改善され、新しい感染件数は4月末日1200件以上で大きく減少し108件減少しました。

東京では、5月中旬の1100人以上の新たな感染が一日約500人に減少しました。 小池百合子東京支社は、効果的なウイルス対策を用意しなければならないと言いました。

先週議会の健康と労働委員会で、政府COVID-19パネル責任者であるShigeru Omi博士は大流行の真ん中オリンピックを開催することは、「異常」と警告し、感染のリスクを増加させると警告しました。

READ  D3パブリッシャーの新作「MAGLAM LORD」が今年の冬に発売。サモンナイトシリーズを手掛けた都月頃氏が世界観設定とシナリオを担当するアクションRPG

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close