エンターテインメント

日本、東京オリンピックを控えてコロナウイルス緊急事態の拡大

東京 – 日本は金曜日に東京を含む6つの地域で、9つの地域にコロナウイルス緊急事態をさらに拡大しました。 数ヨシヒデ首相は二ヶ月ぶりに五輪開催決定を繰り返した。

日本は五輪を控えて感染を遅らせるために苦労しています。 追加された3箇所は、オリンピックのマラソンが開催される日本の北部、北海道と西日本の広島と岡山です。

感染の悪化にもかかわらず、シュガーは、日本に居住する人々を保護する一方で、規制を違反した場合のイベントを取材するジャーナリストを追放するなど、外国人の参加者の動きを厳しく制御することにより、オリンピックを安全かつ確実に保持するという約束を強調した。

シュガーは「様々な困難があることを知っているが、これ以上の感染の広がりを防ぎ、国民の生命と健康を保護することが優先だ」と語った。

追加の3つの地域は、5月31日までに既に緊急コロナウイルスの制限を受けている東京、大阪と他の4つの県に合流するとシュガーは金曜日、政府タスクフォース会議で発表した。 バー、カラオケとほとんどのエンターテイメント施設は閉鎖します。 これを遵守する事業主は、補償を受けることになります。 罰金をかむことができない人。

シュガーは「人口の地域で感染が非常に急速に増えている」と述べた。 「新しい亜種が継続拡散されることによって、私たちは、今、この感染症の追加拡散を防ぐ非常に重要な時期であると判断しました。」

ただ1週間で二番目に緊急事態が拡大されました。 シュガーは、4月25日から東京と大阪を含む4つの県で、日本で3番目に非常事態を宣言した後、最後の金曜日の6つの県に拡大した。 緊急措置にもかかわらず、感染は鈍化されず、日本全国で継続広がっています。

シュガーは5月末ウイルスの状況を評価し、追加の拡張の可能性を決定すると述べた。

彼の政府は、国民の大きな圧力を受けており、人々は遅いワクチンリリース繰り返される緊急宣言にますますイライラしています。 現在、多くの人々が7月23- 8月に開催に反対します。 8オリンピックと人々は雨の第的な在宅滞在と社会的距離を置く要求にあまり協力的なものに見えます。

一般人の2%未満が完全に予防接種を受けました。

緊急事態の拡大はあまり厳しい措置に依存していた政府の当初の計画では大きな変化です。

日本の主催者がトーマス・バッハ国際オリンピック委員会委員長が広島聖火リレーを記念するために、次の週の訪問をキャンセルしたと発表してから数日後に緊急措置が適用される地域に広島が追加されました。

先週の金曜日、オリンピック取り消しを要求する請願主催者は5月初めから収集された東京支社百合子小池に35万件以上の署名を提出しました。 請願は、伝染病のために金銭的支援が必要な人々にゲームに費やしたお金がよく使用されると言いました。

木曜日、日本は6,800件の新型コロナウイルスの事例を見ており、総665,547件11,255人が死亡しました。

READ  はぁ忠清北道 "匿名のSNS誹謗中傷を訴えます」加害者たちは、今になって「言い訳」| Smart FLASH /スマフラー[光文社週刊誌]

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close