日本、株主参加のための証券規定改正案通過

1 min read

日本議会は、共同株主参加及び代理投票の制限を緩和するために資本市場法の改正を承認した。

日本には、2人以上の株主が投票または所有権を決定することによって会社への影響力を調整する「協調行為」に関する厳しい透明性規則があります。 どのような方法でも、企業や「重要な提案」に参加する大規模な投資家にも同様の制約が課されます。 予定 「ビジネス活動を管理」します。

共同で行動したり、重要な提案に参加するとみなされる投資家の活動は、重大な公開書類の提出を引き起こす可能性があり、さらに 規制 場合によっては、精密調査。 この規則は、会社の株式の5%以上を持つ株主に適用されます。

ただし、どの管理活動がこの基準を満たしているかは必ずしも明確ではありません。

規制 ご案内 2014年以来、投資家の議決権および管理の努力が「株主の一般活動の範囲内にある」、または投資家が自分の代理投票計画が調整なしに他の投資家の計画と同じであると判断した場合、投資家は共同で行動すると見なされないと言及しました。

投資家が「事業方針の変更や特定の問題の解決を求めていない場合」には、「重要な提案」に参加したとはみなされません。 [at AGMs]」。

これらの規則の曖昧な表現と執行の懸念は、近年規制機関が招集した地域管理および企業支配構造規制に関する諮問グループによって提起されている。 閉じた ESG参加イニシアチブに「冷却効果」があるからです。

ICGNのようなグループは、早ければ2016年初めにこのテーマについてより明確にするよう政府に請願しました。

今回の立法改正は昨年2月、金融市場規制機関である金融サービス庁(FSA)が開始したプロセスの頂点を意味する。

当時、FSA企業ガバナンスの取締役である井上豊武(Toshitake Inoue)はこう述べています。 責任ある投資家「日本でコンサートをするという概念は、特にヨーロッパの投資家にとっては非常に不明です。したがって、私たちは安全な港にいるという概念を限定したいかもしれません」

「一般的に、テーマが異なり、個々の企業を対象としないESG問題について共同懸念として行動してはいけません。」

改訂 法律制定FSAが草案を作成した場合、大株主に対する追加の報告要件を引き起こす活動の範囲からの共同参画および代理投票は除外されます。

FSA は、除外範囲に対応する業務および AGM 活動範囲の詳細な説明をまもなく整理すると予想される。 これは内閣府から公式指針として発表される予定です。

国会によると 書類これにより、該当法案は5月15日承認を受け、今月末から施行された。

市場反応

市場参加者やその他の利害関係者は規則の変更を歓迎しましたが、FSAの執行活動への影響が明確になるまで判断を留保しています。

ICGN CEOのJen Sissonは、今回の措置を「投資家が日本企業との協力関係を活用する上で認識されるすべての障壁を除去する」ための措置だと説明しました。

「ICGNは、投資家が最終的に議論に萎縮効果をもたらす可能性がある負担のある報告要件が適用されることを恐れずに、受託者と管理責任を果たすことで、重要なガバナンスと持続可能性の問題を自由に議論できることを信じています。」

Sissonは、「管理活動の文脈で企業と協力することは「重要な提案行為」とは見なされず、投資家がガバナンスと持続可能性への共同参加に参加することを明らかにするためにFSAの説明が緊急に必要であると述べました。 したがって、問題は次のようには見なされません。 [acting in concert]」。

匿名を要求したある企業ガバナンス実務者は「詳細な内容を待っている間、分析比較、株主提案に対する支持表明および同意など、投資家間の議論を奨励するのに役立つすべての変化はないと期待する」と述べた。 統制に関しては、企業の支配構造だけを改善することができます。

彼らはまた、一部の外国人投資家が1%以上の株式を取得したときに政府の承認を受けることを要求する外国為替および海外貿易法(FEFTA)に基づいて追加の規制制約を受けていることも指摘しました。

外国人投資家は、次の場合にこの規則に従う必要があります。 意図する 会社に対して「重要な影響力を行使」する積極的な所有者になるのです。

「FEFTAの目的は異なりますが、 [from the new changes]現在、外国機関投資家に課された1%の限度に対して同様の免除がなされたことが合理的であろう。

これとは別に、日本の主要投資家のスチュワードシップの専門家は、企業経営へのアクセスが制限され、参加能力が制限されている外国人投資家にとって、この変化はより重要であると提案しました。

READ  異世界アニメおじさん7月日本上陸
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours