技術

日本、極超音速ミサイル防御体系の高度化計画

国防部の2023年度予算要請には、従来のミサイルよりも難しい極超音速ミサイルを検知して迎撃する日本の能力を強化するための資金が含まれると政府消息筋が述べた。

このプロジェクトは、費用を明示せずに教育省が推進すると予想される100以上の項目のうちの1つになります。

北朝鮮は今年初め、極超音速ミサイルを含む試験を実施したことが知られ、日本内で極超音速ミサイルに対する防御力を強化しなければならないという緊急性を高めた。

超音速ミサイルは、従来のミサイルに比べて音速の5倍、つまり時速約6,000kmのマッハ5に移動できるため、より危険です。

また、低高度で飛行することができ、レーダーやその他の監視システムの検出に弱くなります。 また、弾道ミサイルの予測可能な移動経路とは対照的に、上昇や下降などの不規則な軌道で移動することができる。

北朝鮮は1月5日と11日に極超音速中距離ミサイルだと主張することを試験発射した。 発射体は明らかに日本の排他的経済水域(EEZ)の外に落ちた。

今回の打ち上げは日本を狙った極超音速ミサイルを迎撃するのが難しく、日本の管理者たちの間で懸念を呼び起こした。

隣接国が日本に向かってミサイルを発射すると、自衛隊は全国に配置されたレーダーと先端レーダーが装備された早期警戒を通じて日本領土に接近するまで追跡する。

自衛隊は発射体が日本領土に上陸すると判断すると、イージスシステムを搭載した船舶に搭載された迎撃ミサイルを配置し、地球大気圏外で撃墜させる。

この段階で迎撃に失敗した場合、地上ミサイルを発射し、日本地上近くの脅威を迎撃します。

国防部は極超音速ミサイルに対する防御力を強化するためにレーダーサイトシステムの性能をアップグレードし、早期警報機をさらに導入する計画だ。

消息筋によると、国防部は2段階ミサイル防御システムを効率的に運用できるように「日本航空宇宙防衛地環境」として知られるミサイル迎撃指揮システムの力量を強化し、ミサイル追加確保にも力を入れている。

超音速ミサイルには2種類あります。 エンジンで駆動される超音速クルーズミサイル(HCM)。 ロケットブースターから発射された後、目標物に向かって滑空する極超音速滑空車両(HGV)。

防衛の専門家によると、ロシアと中国は、HGV技術で他の国より先にあります。

日本が未来のイージス艦にHGVを扱うことができるミサイル防衛システムを導入する計画だと消息筋は伝えた。

READ  長い梯子の登りをスキップするヘビを食べるワーム

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close