日本、次世代戦闘機用新型ミサイル設計予定

1 min read

日本はイギリス、イタリアと共に開発中の次世代戦闘機用の新型ミサイルを設計し、2035年にアジア諸国に初めて配備される時、これを搭載する計画だと、この問題に精通した消息筋が月曜日明らかにした。

日本航空自衛隊が使用する新しい戦闘機に適しているものについて日本とイギリスが参加した研究によると、自国産空対空ミサイルは最初はヨーロッパより低コストでより良い性能を保証することができました。 消息筋によると、空対空ミテオミサイルを開発したという。

しかし、今後、日本は、能力を向上させるためにイギリスとイタリアの戦闘機に使用されるミサイルを新型戦闘機に装着することを検討するかもしれないと消息筋は述べた。

今回の合同戦闘機事業開始は、ロシアのウクライナ侵攻、中国の軍事力増強など安保環境がますます厳しくなる中、米国の緊密な安全保障同盟国である日本首脳とNATO両加盟国が昨年12月に発表したものだ。

写真は日本、イギリス、イタリアが共同開発する次世代戦闘機のコンセプトレンダリングを示している。 (写真提供:日本防衛省)(刑務所通信)

日本が米国以外の国家と防衛装備の開発に参加したのは今回が初めてだ。

現在、3カ国は航空機本体とエンジンの細部に関する基本設計を進めている。

消息筋によると、開発過程を簡素化するために国防当局の決定を履行する機構を設立するための協議を進めているという。

日本防衛省によると、日本は2035年に退役を開始するASDFの老後F-2戦闘機約90機の後継者として新型戦闘機を配置する計画であり、イギリスとイタリアのユーロファイター戦闘機約240機が交換される予定だという。 。

英国、イタリアなどヨーロッパ6カ国が開発したミティアミサイルは、ユーロファイターやその他の航空機に使用される予定であり、両国の新型戦闘機にも使用される可能性が高い。

新型戦闘機に搭載する電子装備はASDF C-2輸送機を改造して飛行試験を行う予定だ。

戦闘機の運用を支援するドローン開発のための人工知能研究も推進される。


関連プレス:

日本与党、新型戦闘機の輸出を許可

日本、致命的な武器輸出制限緩和レビュー


READ  日本を再び魅了するカラースの金メダルチャレンジ
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours