日本、残骸除去実証衛星が捉えた標的画像公開科学ニュース

Estimated read time 1 min read

日本は宇宙ごみを積極的に除去するための技術開発に積極的に乗り出している。 技術実証衛星は、軌道上の残骸の状態を把握し、そのような物体を追跡する能力を評価するために使用されています。

日本実証衛星が観測した宇宙ごみ。 (画像ソース:JAXA)

主なハイライト

  • ADRAS-J技術実証衛星が宇宙ごみのイメージを捉えました。
  • 破片は、はやぶさH-IIAロケットの廃棄された上段です。
  • ADRAS-Jは今、目標に近づいて飛行と固定点の観測を行います。

ニューデリー: 日本国家宇宙局である日本航空宇宙探査局(JAXA)が技術実証衛星ADRAS-Jが宇宙ゴミ標的に接近する姿を捉えた映像を公開した。 目標は、2009年に温室効果ガス観測衛星(GOSAT)またはIbuki(Ibuki)を発射するために使用されたロケットのH-IIAの上部です。 画像は、瓦礫の後ろから数百メートル離れた場所で撮影した。

技術実証ミッションの目的の1つは、長期間の軌道にあった残骸の動きと状態を表す画像を取得することです。 上の画像は初期の結果の1つです。 JAXAは対象残骸の姿勢の動きを調べた結果、前後に揺れていると推測しました。 新しくキャプチャされた画像はこの仮説を支持します。

地上での補完テスト

日本はまた、ロケット表面に使用された断熱材が紫外線の存在下で時間の経過とともにどのように低下​​するかを理解するために、加速地上試験を実施しました。 実験は筑波宇宙センターの紫外線照射施設で行った。 その結果、オレンジ色の絶縁材料は強い紫外線に連続的にさらされるため、10年後に軌道から暗褐色に変化することを示しました。

上の画像は変色を確認し、現場実験を検証します。 これらの物質の劣化は、集合および近接作業のために、残骸物体を追跡してアクセスできる距離に影響を与えます。 ADRAS-J衛星は現在、より近い距離で固定点と飛行観測を実行します。

日本は積極的に地球軌道から残骸を除去するために必要な技術を積極的に開発してきました。 これらの作業を実行するには、衛星が宇宙ごみを近くに追跡してアクセスする必要があります。 2020年、JAXAは瓦礫を捕捉し、軌道から抜け出すために電気力学的なロープを備えたKounotori 6宇宙船を打ち上げたが、鞭が配置されず、デモが失敗した。

READ  日本は全世界の視聴者のための仮想アクセスを介してネイティブ生命科学ビジネスを強化します。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours