トップニュース

日本、毎日554人のCOVID-19事例記録、オミクロン拡散後最高

日本は日曜日554人の毎日のコロナウイルス事例を確認しましたが、これは11月末オミクロン変異が最初に発見されて以来最高記録であり、日本の新年連休期間中に伝染性の高い菌株に関連する感染が着実に増加しています。

刑務所通信集計と厚生労働省データによると、この数値は前日報告された534人から増加した数値であり、オミクロン累積感染者は前日637人から土曜日午後9時現在695人に増加した。

12月末の2か月で初めて1日500人以上のCOVID-19感染が報告されて以来、国内の新規事例が増え続けています。 毎日の感染者は夏に最高25,000人以上を記録して以来減少しており、人口の75%以上が2回ワクチン接種を受けています。

Ibaraki、Kagawa、Kochi県は、すべて同じ日に最初のOmicronケースを報告し、地域社会の普及と推定されています。 千葉・神奈川・愛知・京都・大阪・島根県でも新たな変種の追加事例が確認されました。

岸田文夫首相は土曜日の新年史でコロナ19拡散防止のために必要な措置を取り続けると述べた。 政府は全国的にオミクロン変異が何度も地域社会に伝播される中でコロナウイルスワクチンブースター注射の発売速度を高めることを目指しています。

感染症学者たちは、首相が国境執行だけでは感染を抑制できないため、オミクロンの変種との戦いで政府の焦点を国内措置に変えることを提案しました。

保健省によると、全国的に重症症状のある患者は前日より2人増え、53人に増えた。


関連する適用範囲:

沖縄駐留米軍で報告された235件のCOVID-19事例記録

東京、78人の新しいCOVID-19事例報告、10月初め以降最高

オミクロンの変種は日本の県のほぼ半分に広がる


READ  2030年の太陽光発電が原子力よりも安いなる見込み:日本政府は推定していない

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close