日本、毎秒319テラビットのインターネットの速度記録を更新

Estimated read time 1 min read

日本はNICT(National Institute Information&Communication Technology)の研究グループのエンジニアチームが前の世界記録の2倍秒319テラビット(Tb / s)の記録的なインターネットの速度を達成したと発表しました。

インターネットの速度の前の世界記録は、2020年に英国と日本のエンジニアが協力して、178Tb / s接続を実現するときに設定された。 しかし、この技術の偉業は、以前の記録のほぼ二倍に達することを発表で見落とされました。

READ  Babe Rusがプレーした日本のスタジアムは、レッキングボールに直面することができます。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours