経済

日本、沖縄の海底に眠っている国家」玉手箱」

~~

COVID-19の期間中、東京:緑地、遠隔勤務の負傷で新しいライフスタイルの機会を提供

沖縄には潜在力が大きい宝箱があります。 海の底で眠っている金、銀、銅のような鉱物資源に満ちています。

日本の南鳥島の海底は希土類鉱物が発見された沖縄の一つです。

宝箱の蓋は、まだ開いておらず、これらの富の開発は進んでいません。 これは部分的に環境への潜在的な影響と、いくつかの技術的な問題からです。 しかし、より大きな懸念は、中国の背景に残っている存在の影です。

海底熱水堆積物は、沖縄近郊海底700〜2,000mの深さに広く分布しています。 重金属が含まれている熱水は、地下のマグマ(地球の表面の下に位置する非常に熱い液体と半液体岩石)によって噴出されます。 銅、鉛、亜鉛、金、銀などの様々な金属成分が含まれています。

関連: 希土類元素サプライチェーンでは、中国の絞殺を破る

2008年になって、日本政府は、この預金の全面的な調査を開始しました。 2018年にIzena Cauldronの埋葬地の一つは、約740万トンの鉱物を含んでいることを計算しました。 翌年、日本は、世界初の海底1600メートルの深さで鉱石を採掘して水中ポンプを使用して、海上で正常に引き上げました。

しかし、国は、十分な海底資源を開発するために多くの費用がかかるため、商業化の道を見つけませんでした。 日本の天然資源とエネルギー庁は、この工程を有利にするために、5万トンの天然資源が必要になると推定されます。

伊是名釜に加え、久米島の島とイー矢島島の海を含む沖縄周辺の海で有望な堆積物が複数発見されたが、政府はその堆積物の詳細を公開していません。

沖縄海底サンプルでミネラルや希土類元素を測定します。

一方、いくつかのゴム的な発言は、CEOのYosei Takahashiが 沖縄海底資源産業振興機構 (OSR)沖縄県の海底保護区活用法を研究しています。 Takahashiは、「全体資源量が5,000万トンを超える可能性が高い」と述べた。

「海底鉱物資源を商業化した事例は、世界にありません。 だから、このようなことが発生した場合、日本と沖縄の未来に重要な役割をすることです。」と彼は言った。

日本の資源開発が停止された状態で、この地域では、中国の活動が懸念されています。 日本のこの地域の本格的な調査を開始した2020年以降、日本の排他的経済水域(EEZ)を介して研究ラインを介して航海する中国政府の船舶の確認が繰り返されました。

関連:

沖縄のいずれかである南鳥島付近の希土類元素。

2016年、日本の沿岸警備隊は、沖縄のいずれかである久米島で地熱で加熱された水が排出される海底の亀裂である日本最大の熱水排出口を確認したと発表しました。

鉱床の規模に対する期待感が高まるにつれ、日本EEZに登場する中国の船舶の数が急激に増加した。 日本の沿岸警備隊によると、日本の海域での同意なしに運航する中国船舶の数は、2015年に史上最高値を記録した。 これらの無断活動は継続され、2019年に5件の事故が報告されました。

中国は積極的な海洋覇権政策を持っており、日本のEEZを尊重しません。

「沖縄の鉱物埋蔵量の開発が遅延した場合、中国は尖閣諸島問題など、別の状況を作ることができる」と自由民主党の地方議員が語った。

関連:

政府は調査結果の総合検証と2022年のリソース計画の発表を計画している。 環境保全の問題も存在し、具体的な開発目標を計画に含めることができるかどうかは、敏感な問題である。

海底にある「宝箱」をどのように開くことができますか? 国が鍵を握るています。 ” Yoshihiko Yamada、海洋文明教授 Tokai University

山田教授は「現在、日本では、鉱物資源の輸入に大きく依存しています。 「海底で自分自身を採掘することができれば、国益は計り知れません。 国固有の海底資源を保護し、活用することは、国家の責任です。」

彼は「さまざまな問題がありますが、日本の決議は [to protect its resources] 危険である。」

日本は海底資源がある海洋地域が第二の尖閣問題になることを許可することができません。

(日本語の特別産経新聞レポートにアクセスすることができます。 このリンクで

Author:Hiroyuki Kawase

READ  アングル:米金融業界コロナ流行にNY捨てフロリダ州に| ロイター

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close