トップニュース

日本、洋上風力発電のための海底ケーブルプロジェクトのレビュー

日本経済産業省は、日本での再生可能エネルギープロジェクトを拡大するために洋上風力発電団地のための海底電力ケーブルを配置する提案を検討するとNikkeiがわかりました。

最初のコンセプトの一つは、伝送ケーブルが北の北海道でより大きな東京地域で太平洋側に沿って拡張されることを見ることができます。 これは、必要なところに、海外で生成された電気を転送するための陸上ケーブルに比べてコストを削減することができます。

日本がプログラムを推進する場合、数十、数百キロの長さの高電圧直流直流ケーブルが複数ある欧州の先頭に従うことです。

METIは月曜日に専門家委員会を構成し、夏まで可能な経路、コストとスケジュールを用意します。 プログラムの総費用は1兆円(92億ドル)、このをすることができます。

仏の天然資源とエネルギーの諮問委員会は、顧客の電気料金を引き上げて、そのコストをカバーする方法を議論することです。

菅義偉首相は、2050年までに、日本の温室効果ガス純ゼロを目標として設定しました。この目標を達成するために、日本は電力部門で日本全体の排出量の約40%を占める再生可能エネルギーの多くを使用する必要があります。

島国は洋上風力発電団地を拡張することができる余地があります。 政府が支援する目的は、2040年までに洋上風力発電容量の最大45ギガワット(原子力45に対応する)を確保することです。

日本の再生可能エネルギー拡大の1つのボトルネックは、地域の電力網との間の限られた相互接続です。 これらの制限により、電力が生成されたところで、必要な場所に電力を伝送することは困難である。

水中にケーブルを置くことは地上に置くよりも安いと考えられているコストがかかります。 土地が不足している日本では時間がかかる交渉。

READ  コンパニオン懇親会市議会リンゴ "付けた」 - 日テレNEWS24

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close