日本、津波と原発惨事12周年

1 min read

土曜日、日本は破壊された福島原子力発電所で処理された放射能水の計画された放出と政府の原子力エネルギーへの復帰を控えて懸念が大きくなり、大地震、津波、原子力災害発生12周期を1分間黙念しました。 2011年3月11日、日本北東部の海岸の多くの地域を襲った震度9.0の地震と津波により、22,000人以上が死亡し、そのうち約3,700人が災害と関連がありました。 地震が起きた瞬間の午後2時46分頃、全国的に黙念が続いた。

津波被害を受けた北部県岩手県と宮城県の一部の住民たちは、愛する人々と発見されていない2,519人の遺体のために祈るために海岸に歩きました。 放射能により初期の捜索が中断された福島村のひとつである富岡では、消防士と警察が棒と鍬を使って被害者の有害や所持品を探すために海岸線を掻き集めました。 福島北仙台のある小学校では、参加者は命を落とした人々を追悼するために何百ものカラフルな風船を飛ばした。 東京では都心公園で開かれた記念日のイベントに数十人が集まり、反核運動家たちが集会を開いた。

沿岸福島第一原子力発電所を襲った地震と津波で電力と冷却機能が破壊され、6つの原子炉のうち3つでメルトダウンが発生しました。 膨大な量の放射能を放出し、数万人の住民が避難しました。 かつて160,000人以上が去り、約30,000人は長期的な放射線の影響や健康問題のためにまだ戻ってきていません。 多くの避難民はすでに他の場所に移住しており、影響を受けたほとんどの村は過去10年間で大幅な人口減少を示しました。

イベントでは、内堀正雄福島知事は除染と再建が進展したが、「我々は依然として多くの困難な問題に直面している」と述べた。 彼は多くの人々がまだ去っており、県は処理された水の今後の放出の影響に関する噂と工場の浄化によって負担を感じていると述べた。 発電所の運営者である東京電機電力会社ホールディングスと政府は、今後数ヶ月間、130万トン以上の処理された放射能水を海に放出するための最終準備をしています。

政府は何十年も安全な水準で処理した後、水を制御して放流するのは安全だと言っていますが、多くの住民と近隣の中国、韓国、太平洋諸島が反対しています。 漁業コミュニティは、特に地元の魚の評判とまだ回復中の事業について懸念しています。

先週のスピーチでは、内堀は、放流に関する否定的な噂が、福島のイメージをさらに損なうのを防ぐために最善を尽くすよう求めた。 岸田文夫首相は、現在進行中の再建努力を支援するという約束を再確認しました。 記念式典では、彼は原発を最大化するという政策や放流水の問題に言及しなかった。

岸田政府は、2011年の災害後に採択された脱原発政策を覆し、代わりに脱炭素化要件を満たしながら、ロシアのウクライナ戦争によって引き起こされたエネルギー供給問題を解決するために原子力使用を最大化する計画を推進しています。

うちぼりの目標は、2040年までに福島県が必要とする100%の再生可能エネルギー供給を強化することです。 先週、エネルギー政策は中央政府の権限だが、福島が核災害に苦しんでいることを覚えてほしいと言った。 。

(このストーリーはDevdiscourseの従業員によって編集されておらず、シンジケートされたフィードから自動的に生成されます。)

READ  NASAのArtemis Iメガムーンロケットは離陸前に発射台に到着します。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours