日本、海上風力入札2次入札書受付締切

Estimated read time 1 min read

東京、6月30日(ロイター) – 日本政府は金曜日4地域に1.8ギガワット(GW)容量を建設するための2番目の主要な海上風力発電入札入札を受け入れ、結果は3月末まで発表される予定である。

日本政府が脱炭素化推進の一環として、2030年までに最大10GW、2040年までに最大45GWの海上風力発電容量を設置することを目指しているため、日本の海上風力発電市場は成長すると予想されます。

今回のオークションは新潟県村上-タイナイ沿岸の700MW農場と日本北部秋田県ハポノシロ海岸の356MW農場を含めて4地域を対象とする。

受賞者は3月末まで発表されますが、手続きが順調に進めば、今年12月に進められるかもしれないと経済産業省(METI)関係者が言いました。

日本貿易会社伊藤忠株式会社(8001.T)、都市ガスサプライヤーである東京ガス株式会社(9531.T)などが二次入札を検討していると、日経事業日が木曜日報道しました。 オークションに参加してください。

伊藤忠と東京ガスはコメントを拒否した。

改正された規則によれば、企業は入札意思があるか、オークションに入札したかを開示することはできません。

大林優香記者。 ロバート・バーセルの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本のファンデミク中歌謡祭の開催に必要な「自律性」と「責任感」
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours