トップニュース

日本、温室効果ガスの削減目標を46%に上方修正

東京の近くに工場が見える。 ロイター/ストリンガー

日本は先週の木曜日、26%という目標を曖昧と批判した米国と国内企業と環境活動家の圧力に対応して2030年までに炭素排出量削減目標を46%に高めました。

菅義偉首相はジョー・バイデン米大統領が要求された気候変動に関する仮想サミットが始まる数時間前に2013年の排出量と比較して新たな目標を発表しました。

ワシントンは、バイデンの前任者であるドナルド・トランプが排出削減のための国際的な合意を毀損以来、地球温暖化との闘いへの信頼を回復しようと努力しています。

先週末、シュガーがワシントンを訪問した時に開かれ議論に慣れている筋によると、日本はBiden政府からより野心を持たなければならないという圧力を受けている。

シュガーは昨年末、2050年までにカーボンニュートラルを目標に、日本が他の国とより近くなった。 2050年までに炭素やその他の排出の終息は、地球の温度上昇を可能な限り摂氏1.5度に近く維持するために必要な最小値と見なされます。

日本政府は今年、エネルギー政策を検討しており、電力ミックスで炭素排出化石燃料の使用を減らすことを目的とするもの発表したが、これまで福島原子力以降、原子炉の遅い再稼働に石炭のサポートを維持してきました。 災害により閉鎖された。

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  福士蒼汰最初の医師役テレビ東京21年1月に「神のカルテ」異例の1回2時間前4話(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close