日本、準決勝でイラクを2-0に切り、オリンピック出場権を確保

Estimated read time 1 min read

日本はAFC U23アジアカップ準決勝でイラクを2-0で破った。 4月29日、カタール・ドーハ自信ビンハマド・スタジアムでウズベキスタンとの決勝戦進出を控えている。

今回の勝利で日本は2024年パリオリンピック出場権も獲得した。

サムライブルーは、イラクに対抗して前半を2-0に終え、序盤をリードした。

22歳 細谷真央 前半28分、最初にゴールの後ろを見つけたのに続き 荒木良太郎42分でゴール。

後半まで圧倒的な優位を占めて合計7ゴールを入れ、2ゴールだけ出して決勝に進出した。

日本が2016年大会優勝以後4強に進出したのは今回が初めてであり、オリンピッククォーターを獲得することでパリ2024は12回目のオリンピック出場となります。

日本のキュウリとゴー監督はカタールとの延長戦勝利以後こう語った。 AFC、 「私たちはチーム全体が守るように努力します。簡単な試合はありません。すべての試合は難しくて挑戦的で、イラクとの試合もそうです。 」

そしてそれで彼らはそうでした。

今回の大会でたった1ゴールも出さずに12ゴールを破ったウズベキスタンを決勝戦で破ったら、彼らは史上初めてAFC U23アジアカップ2回優勝を獲得することになります。

イラクは3位決定戦でインドネシアと対決し、同メダリストはトーナメントの最終オリンピッククォーターを獲得することになります。

ナショナルオリンピック委員会は、オリンピックゲームでその国を代表する独占権限を持っているので、選手たちのパリゲーム参加は、NOCがパリ2024で代表団を代表する選手を選ぶことにかかっています。

READ  Sony、今アニメサイトCrunchyroll所有
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours