日本、火星月探査を2026年に2年延期

Estimated read time 1 min read
ロイター/資料写真
NASAの火星偵察軌道船宇宙船が2006年3月24日に撮影し、NASAで4月6日に発表したデジタル地形で生成されたこの画像は、高解像度イメージング科学実験で得られた火星惑星の最初のカラー画像に含まれる。火星地形の概要を示します(HiRISE)軌道のカメラ。

東京(Jiji Press) — 火曜日、国家宇宙政策委員会は火星月探査船の発射を2026年に2年延期するアイデアを広く承認しました。

遅延は、内閣府傘下委員会が広く承認した国家宇宙基本計画のプロジェクト時刻表改訂草案に含まれています。 改定された時刻表は今月末、国家宇宙政策戦略本部会議で採択される予定だ。

火星の2ヶ月であるフォーボスとデイモスを探査するためのMMXという任務は、今年3月にH3ロケットの最初の車両発射失敗により延期される予定です。

国際宇宙ステーションに物品を配達するための新しい無人再補給車両HTV-Xの発射やインドと協力して月南極近くに探査船を着陸させるLUPEXプロジェクトを含め、他の任務も約1年ほど遅れる予定です。

MMXミッションでは、日本は探査機を使ってフォーボスからサンプルを入手する予定です。 宇宙船は2024年にH3ロケットに発射され、2025年に火星近くに到着し、2029年に地球に戻る予定だった。

火星は約2年ごとに地球に近づくので、打ち上げに適した次の機会は2026年になります。 この場合、サンプルは2031年に地球に返されます。

READ  地震により、アラスカで30の新しい恐竜の足跡が発見された可能性があります。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours