トップニュース

日本、炭素回収計画在庫を促す

Akihabara News (Tokyo) — 東京に基づくシンクタンクである再生可能エネルギー研究所(Renewable Energy Institute)は、最近の2050年の日本のエネルギー目標が、問題のある炭素回収・貯蔵(CCS)技術に依存しすぎると主張する報告書を発表しました。

経済産業省は、2050年までに日本に混合発電システムを導入すると発表した。 このシステムは、再生可能エネルギーが国際規格が推奨する90%にはるかに悪い約50〜60%に制限されます。 エネルギー代理店。

日本はCCSの幅広い使用を通じて炭素中立目標を達成することを望んでいます。

CCSは、大気中に上昇し、気候危機を悪化させるのを防ぐために地下に炭素を貯蔵することを意味します。 CCSの支持者は、この技術が気候義務を満たすために重要な役割を果たすと信じています。

再生可能エネルギー研究所は、日本政府の計画がCCSが経済的に非効率的で、最終的に実用的ではないことを指摘しながら、火力発電所を保存するための手段としてCCSに過度に依存していると主張しています。

実際、CCSはかつて味わった国際的な人気を失っています。 現在運営されているCCSプロジェクトは、実行にかかる経済的、環境的コストが比較的高いため、その数が少ない。 現在世界中で運営されている31のCCSプロジェクトのうち28は、カーボンを陸上ベースの地下貯蔵所に保管しています。

しかし、再生可能エネルギー研究所(Renewable Energy Institute)の報告書に記載されているように、日本で大量の炭素を貯蔵するための適切な陸上位置はまだ発見されていません。

その結果、日本政府は現在、炭素を沿岸に貯蔵する可能性を模索しています。 つまり、海底の下。

Renewable Energy Instituteは、そのような政策を実行する試みは、土地保管システムに比べて非常に高価であり、部分的には既存の研究が不足していると指摘しています。 さらに、産業規模でカーボンを海洋貯蔵場所に輸送するために必要な技術はまだ証明されていない。

日本政府が探索しているもう一つの可能​​性は、炭素を東南アジアの海外サイトに輸出して加工・保存することですが、これは国際的な問題につながる可能性があります。 再生可能エネルギー研究所はこれを「二重脆弱性」と呼びます。

報告書は、ほとんどの国で火力発電所を段階的に廃止することが規範であることを強調しています。

日本では、地震はCCS貯蔵プロジェクトに特別なリスクをもたらします。

米国エネルギー省の研究によると、振動は潜在的に炭素貯蔵所が漏出し、土壌、地下水、および地表水に環境的被害を与える可能性があると結論付けた。 もちろん、大気中に漏れる炭素は、この技術の予想される環境上の利点も相殺するでしょう。

報告書は、日本の現在のエネルギー戦略には、これらの潜在的な脅威の研究と解決計画が含まれていないことを強調している。

さらに、スタンフォード大学と米国国立研究委員会の研究によると、CCS自体が地震を引き起こす可能性があると結論付けました。

Renewable Energy Instituteは、日本政府の計画が、炭素排出の脅威に対処するための新しいグローバル標準にはるかに不足しており、不必要なリスクをもたらすことを懸念しています。

最近のCCS関連記事

三菱、カナダブルーハイドロジェンの追求

READ  「学者の国会「日本学術会議の6人の任命再度政府に要望に - NHK NEWS WEB

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close