日本、熊攻撃の増加に伴い、熊狩りをより簡単にしよう

1 min read

イメージソース、 ゲッティイメージ

画像キャプション、 ヒグマは今や日本ではあまり攻撃的でないクマよりも多いと考えられています。

  • 作家、 アナベルリアン&千歌中山
  • 役割、 BBCニュース、シンガポール、東京

クマの攻撃が急増するにつれて、日本は住宅地域でもクマを簡単に狩ることができるようにする方案を推進しているが、ハンターたちは危険だと主張している。

4月まで全国でクマ攻撃事件が219件発生し、そのうち6件が死亡につながりました。 公式資料によると。

日本の人口が高齢化し減少するにつれて、クマの数は回復し、特に都市の外側の地域ではそうである。 その結果は危険でしたが、通常は死亡ではなく怪我につながりました。

現行法によると、許可されたハンターは警察の承認を受けた場合にのみ銃を撃つことができます。

政府は、次の議会会期で法律を改正し、武器をより自由に使用できるようにする予定です。 たとえば、クマが建物に入ってくるような人に怪我をする危険がある場合、ハンターは銃を撃つことができます。

しかし、ハンターは注意してください。 「クマに会うのは怖くて非常に危険です。銃でクマを殺すことができるという保証はありません。」 北海道ハンター協会の佐藤斎藤専務理事が言いました。

「クマが動くのを防ぐ重要な視点を逃したら…クマは逃げて他人を攻撃することもあります」と彼は付け加えました。 「次の人を攻撃すると、誰が責任を負うのでしょうか?」

北海道は日本のクマ問題が深化している代表的な事例となりました。

この国の最も北にある主要島は人口が希少ですが、政府データによると、クマの個体数は1990年以来2倍以上増加しています。 現在、約12,000匹のヒグマがありますが、ヒグマは黒クマよりも積極的であることが知られており、専門家の推定によると、日本には約10,000匹がいます。

地方政府はクマを防ぐために様々な戦略を試みました。

北海道の年齢で町では1日10,300円(64ドル、50ポンド)を受けるハンターを雇って街をパトロールし、罠を設置し、必要なら動物を殺そうと努力してきました。

しかし、これを受け入れる人はほとんどいません。 危険な職業であり、給与も魅力的ではなく、ハンターの大部分が高齢者だからです。

「クマに遭遇すると、私たちの命が危険になる可能性があるので、苦労する価値はありません。」 この地域の72歳ハンターは朝日新聞に語り、ヒグマとの遭遇は「米軍特攻隊と戦うこと」に例えました。

5月には秋田県北部で警察官2人がクマの攻撃を受けて死亡したと疑われる死体を森で収拾していたところ、クマに重傷を負いました。

「クマは人間がいることを知り、人を攻撃して餌にするか、人自体を餌として認識します」 現地政府関係者の真美コンドミニアムが言いました。

「同じクマが一連の出来事を引き起こす危険性が高い」

クマの数が増えるにつれて、より多くのクマが山から人間の人口に近い平地に移動しました。 時間が経つにつれて、彼らは人間の光景と音に慣れ、人間を恐れにくくなりました。

若者が大都市に移住しながら人間も減り、村全体がほぼ空になっています。 クマが人間に出会うと、暴力的に変わることがあります。

日本ピキオ野生動物研究センターの純平田中は「都市地域に入ってくるクマは慌てる傾向があり、人がけがをしたり死ぬ危険が大きくなる」と話した。

イメージソース、 ゲッティイメージ

画像キャプション、 現在、ハンターは住宅地でクマを狩るために警察の承認が必要です。

クマが目撃されたり事故に遭ったことは通常4月頃に発生します。 これはクマが冬眠から目覚めて餌を探す時期であり、9月と10月にも冬の間に脂肪を保存するために餌を食べる時期です。

しかし、気候変動により、クマの最大の食料源であるドングリの収量が減少し、クマの移動はますます予測不可能になりました。

田中氏は「この法律の改正は避けられませんが、緊急事態での臨時方便に過ぎません」と話しました。

彼は動物を捕まえて殺すことは前進する道ではないと付け加える。 むしろ政府はクマの生息地を保護しなければ彼らがあまりにも冒険しないようにすることができる。

「長期的には、国家政策を施行して森林環境を変化させ、生物多様性の高い森林を造成することが必要です」

彼は、政府が住宅地域に入ってくるクマに対する責任を誰がするべきかを明確にしなければならないと付け加えた。 地方公務員か、ハンターか。

「理想的には政府ハンターのように緊急事態に対応する完全に訓練されたシューティングゲームがあるはずですが、現在日本にはそのような仕事はありません。」

斉藤さんはハンターたちに住宅地域は全く違う領域だと言いました。 ハンターは、人が住んでいない地域でクマを殺すのに慣れているからです。

「私たちが銃を撃たなければ、人々が私たちを非難し、「散弾銃があるのになぜ撃たなかったのか」と言うでしょう。

「おそらく普通のサラリーマンだけのハンターたちにそのような決定を求めるのは無理だと思います。」

READ  日本宇宙局が昨年から一連のサイバー攻撃を受けたと関係者が明らかにした。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours