日本、熱中症特別警報システム稼働

Estimated read time 0 min read

環境部は、前例のない暑さから国民を保護するために熱中症特別警報制度を水曜日から施行する。

今年10月23日まで維持される新しい制度によると、前例のない危険な猛暑によって人類の健康に深刻な被害が発生する可能性がある場合、都道府県に警報が発令されます。 市民はエアコンを使用し、外出を控えるように頼みました。

翌日、県内のすべての観測地点で気温、湿度など爆炎指数が35以上に達すると予想される場合、午後2時ごろ特別警報が発令される。

新しいシステムは、県内のすべての監視ポイントで指数が33以上に達すると予想されるときに熱中症アラームが発生する既存のシステムを補完します。

日本全域の約840箇所で測定できる熱指数は35を超えたことがありません。

特別熱中症警報が発令されると、人々は不要な外出を控え、エアコン付きの客室に滞在し、水分を摂取するなど、いくつかの措置を講じる必要があります。

熱中症に脆弱な高齢者、乳幼児については、家族及び地域社会に要請し、涼しい部屋で生活できるよう支援する。

自治体では、エアコン付きの公共施設や民間施設を冷房避難所として指定しています。 このような施設は、特別熱中症警報が発令された場合、臨時避難所として公衆に公開されなければなりません。

READ  NASAチーム、サンディエゴ海岸でOrion宇宙船の帰還準備 – NBC 7 San Diego
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours