日本、牛糞を燃料とするロケットエンジン公開

Estimated read time 1 min read

ゼロは液体バイオメタン(LBM)で駆動される小型衛星発射体です。

日本の宇宙スタートアップInterstellar Technologiesは、北海道宇宙空港でゼロロケットのためのコスモスエンジンの重要なテストを成功裏に実施しました。 この革新的なロケットは、ソランから抽出されたメタンガスを燃料として活用し、この豊富で持続可能な資源で駆動される世界初の軌道ロケットを作るための探求で注目すべき発展を表しています。

静的火災テストでは、10秒間エンジンの点火に成功し、強力な青い炎が発生した。 この成果は、欧州宇宙局(European Space Agency)が独自にソラン燃料ロケットエンジンを開発したことによるものですが、Interstellar Technologiesはそうした最初の民間企業です。

ここでビデオを見る:

エンジンテストは、クリーンで使いやすいロケット燃料源としてバイオメタンの生存可能性を証明しました。

「自社設計したZEROの燃焼室にはSpaceXのエンジンに使用されるピントルインジェクタを採用しています。努力により高い燃焼性能を達成する設計改善につながり、その結果部品数が既存エンジンの10分の1に減り、全体コストの半分と推定されるロケットエンジンの製造コストが根本的に低くなった」 で言った 12月7日の声明。

NDTVの最新速報

に従って 会社発売、 進行中の一連の静的火災テストは、130kNクラスの運用モデルの開発と製造プロセスを改善する準備ができています。

NDTVの最新速報

これらの開発は、より小さな60kNクラスのサブスケールモデルの設計、製造、およびテスト段階で得られた洞察に基づいて行われました。

READ  男はそれが金であることを望む何年もの間岩を保つ。 はるかに価値があることが判明しました
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours