日本、特定の条件に応じて自家用タクシー利用を許可

Estimated read time 1 min read

日本政府は、全国的なタクシー運転手不足の問題を解決するために、一般免許を持ったドライバーが自車を利用してタクシーサービスを提供できるようにする方案を木曜日に確定しました。

この問題に精通した消息筋によると、緩和された措置によって運転サービスの提供免許を持たない個人は、事前教育を受けてタクシー会社に直接雇用される限り、運転サービスを提供できると言います。 しかし、個人は通常のタクシーを運転することはできません。

日本のドライバー不足現象はコロナ19ファンデミック緩和による経済活動の回復とインバウンド観光の増加によりさらに悪化した。

しかし、多くの日本企業が副業を禁止している状況で、今回の規制変化が運転者数を増やすのに効果的かどうかを見守らなければならない。

これらの変更にもかかわらず、タクシー会社がサービスに使用できる自家用車両の数は、彼らが保有する既存のタクシーの数を超えることはできません。

また、料金は当局が定める承認率に従い、Uberなどの車両共有サービスでよく見られる動的価格が適用されます。 Uberは、自分の所有者と交通手段を望む個人を結び付けますが、この場合は適用されません。

変更がいつ発効するかを含む詳細は、来週の火曜日、政府規制改革委員会で議論された後に整理されます。

一方、政府は車両呼出しサービス禁止解除の可否に関する決定を延期した。 来年6月ごろ計画を立てることを目標に議論が続く予定だ。

菅吉秀元元首相と河野太郎デジタル長官も車両呼出禁止解除を主張している。


関連プレス:

日本、利便性を高めるために11月からタクシー乗車を許可

京都府でAIタクシー共有サービスを発売

コロナウイルス発生アップデート:2021年7月2日


READ  ヨア消費「アイドル」18週目日本ホット100 1位 - ビルボード
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours