トップニュース

日本、狩猟講師認証システムの構築

日本の環境省は鹿とイノシシをとる人材不足の問題を解決するために、若いハンターを養成するために熟練したハンターを講師に認証するシステムを構築する予定です。

公認狩り講師は若いハンターと同行して、動物を探して、撮影、トラップを設定する方法について実践的なトレーニングを提供することを省の関係者は語った。

文部科学省は、適切な教育内容と講師の認証メカニズムを用意するために、4月に開始された2021会計年度に多くの場所で試験を開始すると関係者は語った。 2023会計年度から本格的な認証システムを開始することを希望します。

文部科学省によると、狩猟免許を取得する若者が増えている。 20代の特許権者数は、2006年度2,100人で、2016会計年度7,500人に増加し、30代8,400人から15,600人に増加しました。

この成長は、農場の鳥や動物の被害を懸念する省庁と地方政府の広報努力と女性ハンターをテーマにした漫画の人気を反映したものに見えます。

しかし、関係者によると、実際に狩りをする若い免許ハンターの数は明確な成長を見せなかった。

免許実技試験は、志願者が狩猟用銃とトラップを処理することができるかどうかだけを確認し、テストに合格した者は、高速狩りをするのが難しい。

したがって、文部科学省は、認定インストラクターが狩猟免許を持つ人々が、実用的な技術と知識を習得するのに役立つシステムを構築することです。

コーチは、動物を探して、取得したり、殺す方法と関連法規の内容と狩猟地域に近い地域住民との円滑な意思疎通の方法の現場ガイダンスを提供します。

いくつかの地方自治体と狩猟グループですでに初心者ハンターのための講義を行っているだけに、文部科学省は、これらの事例を見て、全国的に活用できる教育プログラムを用意する予定である。

狩猟講師養成のための教育訓練ワークショップの開催や修了者認証メカニズムを検討している。

文部科学省は、公認狩り講師が個人所有者、または民間企業のメンバーとして働いて若いハンターをコーチすると仮定します。 熟練したハンターが講師の副業として奉仕することを奨励することにより、認証システムが丘と山間地域で新たな雇用を創出するために役立つことを希望します。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  米軍、日本と韓国で少数の新しいコロナウイルス事例報告 - 太平洋

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close