日本、生産量回復で5月の経済見通しを維持

0 min read

月曜日、政府は、経済成長を遅らせた自動車部門のデータ操作スキャンダルにより生産量が減少した後、生産量が回復した後、生産についてより楽観的な見方をとりながら一部停滞にもかかわらず日本経済が緩やかに回復しているという評価を維持しました。

内閣府は、健全な経済成長が続くと述べたが、インフレ、中東紛争、通貨、その他の資本市場の発展の悪影響を警告した。

毎月の経済報告書は、1年ぶりに初めてアップグレードし、「一部自動車メーカーの生産および出荷中断の影響で製造活動が減少したが、最近産業生産が回復する兆しを見せています」と明らかにしました。

日本経済は1月から3月まで年平均実質2.0%萎縮し、第2四半期ぶりにマイナス成長を記録した。 しかし、エコノミストたちは4~6月四半期に反騰を期待している。

生活用品価格の上昇により経済の半分以上を占める民間消費が打撃を受け、トヨタ自動車系列会社であるダイハツ自動車の安全データスキャンダルにより一部のグループ会社の生産が一時的に中断されました。 より広い自動車産業に影響を与えています。

報告書は「日本経済は最近止まったような姿を見せるが、緩やかな速度で回復している」と明らかにし、政府は4ヶ月間同じ表現を使用した。

民間消費、企業投資、輸出など、経済の主要構成要素に対するほとんどの評価はそのまま維持されました。

しかし、政府は米国とヨーロッパの出荷量の増加を理由に、2023年4月以降初めて輸入に対する見解を明らかにし、政府が公共事業に対する支出を増やし、公共投資に対する評価も上方調整された。

民間消費と輸出は「回復のためしばらく止まった」姿を見せる一方、企業投資は「回復」する動きを見せていると明らかにした。

政府は消費者物価に視差を置いて影響を及ぼす企業物価について、過去の報告書の「普通」から「緩やかに上昇」に表現を変えた。 8ヶ月ぶりの最初の変化だった。


関連プレス:

日本の4月のソースインフレは、食品・サービス部門で2.2%に鈍化しました。

日本、円安、石油などで4月貿易赤字4,625億円記録

日本政府、負債費用の増加と財政改革を促す


READ  タイガーエア台湾、11月日本高知行きのフライトが就航
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours