日本、産業活性化のための新しい捕鯨母船公開

1 min read

日本は死ぬ捕鯨産業に活力を吹き込むよう努めており、新しい「母船」の公開は彼らが事業を意味することを示しています。

日本の新たな捕鯨工場船である関西丸(Kangei Maru)号が5月21日、下関港で初航海を開始したと明らかにした。 日本メディア

4,800万ドル規模のこの船舶は、長さ112.6メートル(369フィート)、幅21メートル(68フィート)、重量約9,299トンに達する巨大な規模です。 南極海を旅行するのに十分な最大13,000km(約8,100マイル)の距離を旅行できるように設計されています。

いわゆる母船を使用すると、小型捕鯨船が収穫されたクジラを中央ハブに持ち込むことができます。 によると 刑務所 千公園関西丸を所有する捕鯨会社であるこの船には、クジラ肉を屠殺し、品質を確認し、冷凍する船上処理装置も含まれています。

刑務所公園の東横英社長は出港式で記者たちに「私たちは捕鯨文化を永遠に維持するために一つになって努力するだろう」と話した。

このニュースは、日本政府が5月9日、捕鯨業者がフィンクジラを狩ることができるようになり、日本の商業用捕鯨種がミンククジラ、ブライドクジラ、大クジラと共に4種に増えたと発表した以後のものです。

捕鯨活動を拡大することにした日本の決定は、「ひどい後退」と表現する国際保存団体の怒りにぶつかりました。

「フィンクジラを狩るための新しい計画は信じられないほど驚くべきことです。 これらは地球上で2番目に大きいクジラです。 クジラを殺すことは、動物の大きさのために深刻な痛みを引き起こします。 最初の銛殺から死までかなりの時間がかかることが多いという事実は言うまでもありません。 国際動物保護協会(HSI)オーストラリア支部キャンペーン責任者ニコラ・ベイノン(Nicola Beynon)、最近述べた 氏名 関西丸発売について

「すべてのクジラ種は、気候変動、騒音公害、船舶衝突、漁業の混雑など、海洋環境でさまざまな脅威に対抗して戦っています。 この巨大な海の巨人を殺すには、栄養的、科学的、道徳的正当性がないため、クジラを殺すよりも保存する方が緊急の時期に、Kangei Maruの打ち上げは不気味な光景です。 野生動物プログラムの

日本は捕鯨産業を規制する政府間パネルである国際捕鯨委員会(IWC)で議論の余地がある脱退以後、2019年6月に商業捕鯨を再開した。 商業捕鯨は1982年のIWCの猶予以来禁止されていましたが、科学研究や先住民生存捕鯨などの特別な目的のために国家がクジラを殺すことは許可され続けました。

80カ国以上が1986年に発効した協定に署名しました。 しかし、いくつかの国は次のとおりです。 つまり ノルウェー、デンマーク/グリーンランド、ロシア、アイスランド、日本 – 継続的に禁止令を無視し、科学研究を装ってクジラを狩りました。

最近、日本が捕鯨を再開する努力には 賢明なプロモーションキャンペーン 「世界を支配する一方的な反捕鯨メディア」に対応しようとする試みだ。 彼らは多くのクジラの個体数が「人類全体の漁獲量より数倍多くの魚を消費し、海洋生態系への懸念」になるほど回復したと主張している。

実際には、IWCの捕鯨の中断のために、ここ数十年にわたっていくつかのクジラの個体数が回復したが、多くの個体数は捕鯨以前のレベルに回復しなかった。 回復した種は現在、気候変動と汚染のために多数の新しい種の脅威に直面しています。

商業捕鯨狩りでクジラが経験する遅くて痛い死は言うまでもなく、このすべてです。

READ  2025年に$ 1.6条に到達する世界的な医学の支出
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours