トップニュース

日本、男女とも無料のリレー記録200記録

2021年の夏チャレンジ大会(日本)

  • 7月3日(土)、7月4日(日)
  • 日本の神奈川県相模原市立プール
  • LCM(50分)
  • 結果

この週末にいくつかのオリンピック選手が相模原市営プールの水に入ったとき、日本全国リレーレコードカップルほこりを払い落とした。 東京でのホームベースのオリンピックまでの残り時間が20もされず、男女4x50m自由形リレー記録が見事に下がった。

まず、男性の場合ポッサム Shinri Shioura、Akira Namba、Kaiya SekiKatsumi Nakamura 1:27.48の時間に総体的に時計を停止しました。 これは2019年5月Syndey Open Meetで本に載せた以前の日本の標準1:28.35よりほぼ2秒ほど減少した。

今回、以前のレコードと比較した分割は、以下が含まれます。

前記録1:28.35:

Shinri Shioura、22.36
Katsumi Nakamura、21.78
Katsuhiro Matsumoto、21.80
Kaiya Seki、22.41

記録1:27.48:

Shinri Shioura (22.07)
明ナンバー(21.69)
Kaiya Seki(22.17)
Katsumi Nakamura (21.55)

記録者4人とも五輪で男子400mフリーリレーに出場する予定であり、中村も個人100mフリーイベントに参加します。

この週末女性リレー記録の場合 Chihiro IgarashiRikako IkeeNatsumi SakaiRika Omoto 1:39.67の表示に時計を停止するために結合された。 今回の大会は、2019年5月にシドニーオープンに登録された以前の結果と一緒に、以前の国の記録を1秒以上追い越しました。

以下は、前の女性の記録と新しい女性の記録の分割比較です。

1:40.95の前のレコード:

Rika Omoto(25.10)
Tomomi Aoki(25.63)
Rio Shirai(25.56)
Nagisa Ikemoto(25.56)

1:39.67の新記録:

Chihiro Igarashi (25.11)
Rikako Ikee (24.71)
Natsumi Sakai (25.30)
Rika Omoto(24.55)

男性と同様に、新たに発足した全国の記録保持の女性は、今から数日後、東京で開催される400mフリーリレーに出場する予定です。 堺とイキもメドレーリレーに出演する。

白血病の生存者イキは、多国籍の記録保持者であり、2018年のアジア大会MVPは、今日(7月4日)21歳ドゥェオトウムロイ記録は才能のあるスターに適切な贈り物でした。

READ  ロチェスターの日本料理を提供するビジネスパートナー

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close