日本、男子オリンピックサッカー予選で2-0でアメリカを破った国民スポーツ

1 min read

カンザスシティ、カンザス(AP) – アメリカは2008年以来初めて男子オリンピックサッカートーナメントに参加するために忘れたい試合を行いました。

藤尾翔太が後半6分ペナルティキックを成功させ、細谷真央が69分にゴールを決め、日本は火曜日の夜、米国代表チームの最後のウォーミングアップ試合で23歳以下U-23試合で2-0で勝利した。

マルコ・ミトロビッチ米国監督は「8ヶ月前にこの過程を始めて以来、これまでの成績の中で最も低い成績だった」と話した。 「私はこのグループが今日見せてくれたよりもはるかに良いことができると確信しています。」

ペナルティエリアの端で、斉藤コキがディフェンダーブライアン・レイノルズの右腕にボールを投げると、日本がペナルティキックを得た。 ゴールキーパーが左にジャンプすると、フジオはパトリックシュルテの右にペナルティキックを送った。

日本はジョン・トルキンのスロインを傍受し、2番目のゴールを決めた。 水戸俊介がゴールに向かってドリブルし、彼のパスがディフェンダー・ジョナサン・トムキンソンとシュルテを突き抜け、ホソヤは4ヤードの距離でリバウンドを取った。

国家代表チームのミッドフィルダー・ブレンドン・アロンソンの弟であり、ミッドフィルダー・パックステン・アロンソンは「明らかに私たちがオリンピックに進出してこのような旅を終えたかった試合ではなかった」と話した。 「人々は一つのゲームが私たちを定義していないことを知っています」

日本のミッドフィルダー山本理彦(Rihito Yamamoto)は、前半24分のシュートに顔を当てて立ち上がった。

Schulteはレイノルズが右側のディフェンダーに、ウォーカー・ジマーマンとトムキンソンが中央のディフェンダーに、ケイロップ・ワイリーが左側のディフェンダーとしてゴールを決めた。 タナー・テスマン、アランソン、ダンカン・マグワイア、ヨハン・ゴメス、グリフィン・ヨウがミッドフィールダーにいた。

ミッドフィルダー・ジアン・ルッカ・ブシオは6月2日、クレモネッセとのプレーオフでベネチアでプレーした際に足首の負傷を負って競技に出られなかった。

米国は7月24日開催国フランスと競技を繰り広げた後、ニュージーランド、ギニアと対戦する。 日本はパラグアイ、マリ、イスラエルを相手にしています。

男子オリンピックサッカーは23歳未満の選手に制限され、各チームの18人リストには年齢制限を超える選手3人が許可されます。 31歳のジマーマン(Zimmerman)はアメリカの主張を務め、服を着た唯一のアメリカ選手でした。

ゴールキーパー2人と外野手16人からなる名簿を7月3日までに提出しなければならず、各チームはゴールキーパー1人を含めて最大4人の待機者を指定することになる。

Tessmannは、「アメリカはメダルを持っていなかったし、このチームがそうすることができると思います」と述べた。

プレイヤーは挑戦的な経験を通して試合準備の一部を送った。

Aaronsonは、「正直に言うと、私たちは脱出室をたくさん作りました」と言いました。 「ウォーカーはそのような点で一種のチームリーダーでした。 私達は6つすべてを完了しました。 ええ、本当に話すことはできませんでした。 2日に6回、それで私たちの脳が働いていたのです。」


APサッカー: https://apnews.com/hub/soccer

著作権2024 AP通信。 すべての権利を保有。 この資料は、許可なく出版、放送、書き換え、再配布することはできません。

READ  オーストラリアソフトボール選手団が試合前のトレーニングのために日本に到着
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours