理科

日本、留学生のセキュリティ接続技術へのアクセス制限

東京 – 日本は日本の大学の留学生にセキュリティ関連の技術移転の許可を求めるとNikkeiが学びました。

現在、大学の約40%が身元確認やその他の政府が設定した要件を満たしていないなど、企業に比べて措置が少なくなっています。

日本が経済安全保障の強化を目指すにつれて、中国などの国外の重要な技術移転を防ぐための新しいルールが登場しました。 日本産業省は、外国為替法施行に関する告示を2022年までに改正して施行する計画だ。

大学は、日本に6ヶ月以上滞在する留学生にコア技術を教えるとき、産業省の許可を受けなければなりません。 この規則は、輸入の25%以上を外国政府から受け取る学生など、他の国の影響を受ける学生に適用されます。

外国為替法に基づく規則に基づいて、大学は外国人の学生や研究者を受け入れる前にセキュリティに関する懸念を検討する必要があります。 懸念事項には、大量破壊兵器の開発および外国政府の資金援助に関わる組織との提携が含まれる可能性がある。

しかし、大学のセキュリティレビューは遅いようです。 教育部と産業部が去る4月320大学を対象に実施した調査によると、入学当時内部規定に事前審査を含めた割合は62.5%に過ぎなかった。 その割合は国立大学97.7%、公立大学59%、私立大学47.7%だった。 関連大学の39.4%は、外国人学生に軍事に使用できる技術を自宅に持ってはいけないと警告したと述べた。 私立大学の割合は33.3%だった。

2017年には東京のある大学に在学中の中国学生が航空機用赤外線カメラを香港を経由して中国に輸出して外国為替法に違反した。

人工知能、量子暗号、および無人航空機技術の研究開発は、すべて軍事および民間目的に使用できます。 例えば、この分野で働く多くの日本の大学は中国の学生を受け入れます。

東京大学先端科学技術研究所特任教授である国分豊富は「敏感な技術の流出は日常的に起こる」と提案する。

日本は非軍事的用途にも規制技術を指定していないため問題があります。 許可が必要な大学は明確ではありません。 米国では2018年の人工知能(AI)、量子技術など14の分野の技術輸出を制限する法が制定された。

米国はまた、研究者が外国政府から資金を受け取ったのか、米国内の政府機関から公的支援を求めるのかを開示することを要求する規則もあります。

日本は2022年度に研究者公開に関する規定を改正する予定だ。 研究者は、外部機関から資金を受け取るとき、大学、企業など所属機関に報告しなければならない。

Kokubunは、「規制されるべき技術を明確にすることが重要です」と述べました。

READ  Yup'ikエンジニアのチームがYugtun言語学習のためのアプリをビルドします。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close