エンターテインメント

日本、病気の経済を解決するための記録的な試合扶養策の提案 – New Indian Express

によって AP通信

東京:日本首相は、金曜日のコロナウイルス感染症で悪化した低迷で経済を支援するために、現金支給や病気の企業への支援を含む、記録的な56兆円または4,900億ドルの景気扶養パッケージを説明しました。

岸田文夫首相は記者たちに「このパッケージは国民に安定感と希望を伝えるのに十分な内容と規模を備えている」と話した。

岸田の提案はこの日午後、内閣承認を受ける予定だったが、依然として議会承認が必要だ。 岸田議員は早急な措置を約束し、来月に議会が招集される予定です。

この計画には、18歳以下の人々にそれぞれ10万円($880)の金銭的支援と病気の企業に対する支援が含まれていると岸田と他の政治家たちは言いました。

日本はファンデミック期間中に完全な閉鎖をしたことがなく、感染者は約18,000人でCOVID-19に関連した死者と共に比較的低いレベルを維持しました。 しかし、世界で3番目に大きな経済は、ファンデミックが迫る前にすでに低迷していました。

政府の「緊急事態」によって一部のレストランは休業や営業時間を制限し、イベントや劇場は社会的距離を置くために群衆規模を制限した。 深刻な発症と厳格な閉鎖を経験した他のアジア諸国で生産されたコンピュータチップやその他の自動車部品の不足は、経済の中心であるトヨタ自動車を含む日本の自動車メーカーの生産に当たった。

政府は国内旅行活性化のために飲食店・店舗割引「ゴートトラベル」再開案を検討している。 昨年から始まったキャンペーンはコロナ19の確定者が急増して中断された。

一部の批評家は、政府のアプローチが長期的な成長を生み出すのに非効率的である可能性がある「バラマキ」または「配布物を広めること」に該当すると述べています。 他の人は、提案された現金援助が子供のいない家族や他の貧しい人々を排除すると言います。

最新のパッケージの規模は、日本が債券を発行し、債務に深く侵入することを要求します。

SMBC Nikko SecuritiesのシニアマーケットエコノミストであるYoshimasa Maruyamaは、政府が支出を増やすことに集中しなければならず、GoToキャンペーンが効果的であると述べた。

日本経済は7月-9月の期間に年率3%に収縮したが、これは主に消費不振によるものです。 アナリストらは、経済が来年まで反騰しにくいと言います。

日本もコロナ19ワクチンの輸入に依存するという批判に直面し、ワクチン研究に支出を割り当てると約束した。 これまでファイザー、モザーナ、アストラジェネカのワクチンを承認した。

日本に「新資本主義」を約束した岸田首相は10月に就任した。 彼の前任者である菅吉秀は、大流行に対する彼の不適切な対応に対する広範な大衆の不満のために執権1年ぶりに辞任した。

READ  殺人と「秋の人たち」であるNetflixで「イカゲーム」を見なければならいます。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close