トップニュース

日本、発売速度を上げるために海上風力競争を強化

東京 – 日本は、建設のためのより広い競争を促進し、単一の入札者が一度に複数のプロジェクトを受注する能力を制限する草案規則を木曜日に発表しながら、新しい海上風力発電団地をより早くオンラインに切り替えるしたい。

入札プロセスの予定変更は三菱株式会社子会社が率いるコンソーシアムは、12月に政府の風力プロジェクトの最初の主要入札で、秋田と千葉県の沿岸の3つの地域の両方について契約を締結した後に行われました。

三菱コンソーシアムは競合他社よりもはるかに安い電力を提供しましたが、結果は価格設定が実装のためのより短い時間枠など、入札の他の側面をどのように隠すかを強調しました。

批評家は、海上風力発電団地の開発を加速するために、より多くの請負業者を引き付けるための更新されたアプローチを必要としていました。 政府パネルは3月から入札プロセスの変更を議論しました。

日本政府は、2050年までに温室効果ガス排出量ゼロ目標を達成するために、再生可能エネルギーを主要動力源にすることを目指しています。 風力エネルギーの早期設置は重要と考えられています。 しかし、低コストと幅広い参加のバランスをとるのは難しいことです。

入札者は、現在の価格設定と運用可能性にクレジットを付与する240ポイントの尺度で評価されます。 最高のスコアを持つ人がプロジェクトに選択されます。

提案された規則は、単一のコンソーシアムが最大1,000メガワットの容量の入札に制限することによって、複数の海洋サイトをカバーする契約に適用されます。 入札者は最も高いスコアを獲得した地域を受け取ります。 上限に達すると、他のサイトの入札単価が無効になります。 このアプローチは次の提案要求に適用されますが、制限の使用と範囲は各プロジェクトごとに個別に決定されます。

現在のシステムは、プロジェクトに対する入札者の計画の実現可能性に応じて最大20ポイントを付与します。 ただし、新しいルールは、計画がどれだけ早く実行できるかについて最大20ポイントを付与すると予想されます。 この規則を発表した二つの日本省庁である基盤施設部と経済産業省は、風力プロジェクトが着工される速度にもっと多くの比重を置く計画です。

価格は依然として120ポイントを占めるが、120ポイントをすべて受け取ることができる事業者の価格は両省庁で事前に公開する予定だ。 入札者がその価格を下げても、120ポイント以下で付与されます。

二つの省庁の木曜日の聴聞会では、一部のパネルメンバーは新しい規則に反対した。 委員会は、修正後に公開意見を収束します。 今年末までに規定を確定することが目標だ。

READ  7月までに、高齢者のためのワクチン接種を受ける日本の村:紙

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close