理科

日本、発展途上国に降雨警報技術を提供

AP通信
2022年国連気候変動会議が開かれるエジプトシャルム・エル・シェイクで開かれた2022国連気候変動協約コンベンションセンターにゲストが入場している。

政府は日曜日、シャルム・エル・シェイク(Sharm El-Sheikh)で始まる国連気候変動会議(COP27)で地球温暖化の影響で被害を受けた発展途上国の豪雨を監視するための早期警報システム構築支援計画を発表する予定だ。 。 エジプト。

政府は、災害に弱い日本で蓄積された防災技術とノウハウを提供し、気候変動対応のための世界の努力を主導することを願っています。

近年、世界中で集中大雨、猛暑、干ばつが頻繁に発生しています。 国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告によると、気温が上昇するにつれて極端な気候現象の頻度が増加する可能性があります。

気候変動の人的および経済的影響は、社会インフラが脆弱な発展途上国において特に広範な傾向がある。

発展途上国は、気候関連の被害を処理するための支援を強く要請してきました。 先進国が彼らの呼びかけにどのように対応するかが今年の会議の焦点となります。

去る3月、アントニオ・グテフス国連事務総長は、早期警報システムの広範な使用が必要だと強調し、主に発展途上国に居住する世界人口の3分の1が早期警報システムの適用を受けていないと述べた。

政府は、千葉に拠点を置く気象データ会社Weathernews Inc.が運営する小型レーダーを活用して災害警報システムを作成することを検討しています。 レーダーは雲の発達に基づいて局所的な集中豪雨を予測することができます。

政府はまた、日本の保険会社と協力して、発展途上国が災害に対してより弾力的な経済を構築できるように天気デリバティブを提供します。

気象デリバティブは、気象悪化により農業または商業生産が減少した場合に一部補償する損害保険の一種である。

「私たちは、優れた技術とノウハウを持つ日本企業と協力して、途上国に提供される支援に貢献したいと思います。 西村明広環境部長官は11月18日まで開かれるCOP27に先立ち、読売新聞にこう語った。

今回の会議では、国連気候変動協約(UNFCCC)に参加する198カ国と地域が集まり、気候変動対応方案を議論する予定だ。

ロシアのウクライナ侵攻で分裂が激化している中で、国際社会が脱炭素化のための共同の努力を見せることができるかが試験台に上がる。

昨年、グラスゴーで開かれたCOP26では、今世紀には「産業化以前のレベルより1.5度上昇した温度を制限する努力を追求する」ことに合意しました。 しかし先月発表された国連気候変動報告書によると、パリ協定による193の締約国の結合された気候約束は、世紀末までに世界を約2.5度温暖化の軌道に乗せることができるという。

今年のCOPの目標は、2020年代に排出量削減を強化するための計画を作成することです。 しかし、ロシアのウクライナ侵攻以来、エネルギー不安定のため、いくつかの国が炭素排出量の多い石炭火力発電に移行したため、合意に達することは容易ではありません。

READ  2021年の唯一の開記日食は南極近くのクルーズ船で見たものです。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close