トップニュース

日本、皇室で女性の役割と相性

東京 >> 秋野皇太子の長女真子姫は10月23日庶民ゴムでケイと結婚した。 皇室法に従って結婚したので皇室を去った。 夫婦は彼が法律事務員として働くニューヨークに定住する予定だ。

Japan News-Yomiuriは、女性の皇室の家族の機能と現代の生活の中で伝統を探索する際に家族が直面する課題について探求しました。 以下は概要です。

責任

皇室には現在13人の女性がいる。 皇后と名誉皇后を含む7人は婚姻を通じて家計に合流した。 残りは家族として生まれました。

皇室は礼儀と社会的義務を果たし、女性は20歳で家族のために「仕事」し始めます。 彼らは伝統的な宮殿イベントに参加することに加えて、公式の国の夕食に出席し、国際的な友情を促進するために旅行します。 たとえば、2018年に、Makoは日本人がブラジルに来てから110周年を記念してブラジルを訪問しました。

斬作

家族の生活費は、皇室経済法が定める予算で政府が負担します。

皇帝や彼の家族のような「内宮のメンバー」の総年間予算は280万ドルです。 他の家族は、個人の格付けに応じて267,000ドルで計算された手当を受け取ります。 天皇の弟であり王位継承配列1位の秋野皇太子は80万1000ドルを受ける。

Makoは、未成年者の場合、年間$ 26,700、大人になってから$ 80,100を受け取りました。

皇室で結婚して退社する女性に一時金を支給する。 Makoは約130万ドルを支払わなければなりませんでしたが、拒否しました。

摩擦

真子が去りながら女子5人、家族17人だ。

真子の兄である久仁王子(15)は、父のほか王位に上がる資格がある唯一のメンバーだ。 家族を育てることは緊急の優先順位であり、状況に専念する政府パネルは2つの選択肢を提供しました。

一つは、王女が結婚後に皇室で過ごすことです。 しかし、これは女性のメンバーが率いる家系を生み出し、おそらく家系の仮装である皇后または女性系統の皇帝であるかもしれません。 これらすべては伝統に反しています。

他の選択肢は、男性だけで構成された帝国の血統を維持する養子縁組です。 これは、第二次世界大戦後の皇室記録から削除された11世帯のすべての男性系統から男性の子孫を養子にすることを可能にします。

パネルは研究を続けています。

READ  寄付のためにAmazon Wish Listを使用している日本の動物園

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close