経済

日本、石油共同販売に参加

慎重な提案:
日本経済産業省は、提案された物量が10万キロリットルまたは63万バレルに過ぎないと明らかにした。

日本は、米国が主導した戦略的備蓄油の前例のない調整された放出に加わり、適正な販売で価格上昇に対抗するために戦略的備蓄油で石油販売を開始しました。

日本経済産業省は声明を通じて政府入札が渋市戦略埋葬地で来年3月から6月の間に引き渡されるオマーン原油を提案したと明らかにした。

このような動きは、他の消費国と協力して石油を販売しようとする日本の計画の一部であり、より多くの販売が続くと内部政策のために身元を明らかにすることを拒否した国防総省が述べた。

写真=刑務所ロイター通信

2番目のステートメントは、提案された量は100,000キロリットルまたは約630,000バレルに相当すると述べた。

BP PLCの数値によると、昨年日本は一日約327万バレルを消費した。

ジョーバイデン米大統領政権は先月末に共同放出を発表してから数日前に約束した5千万バレルの埋蔵量のうち、最初の埋蔵量を活用し始めました。 先週、韓国は戦略備蓄地で原油と石油製品を来月から排出し始めると明らかにしたが、中国やインドを含め、計画の一部として指名された他の国々はまだ措置を取っていない。

先月、萩宇田光一日本経済産業賞は、日本が備蓄油を代替する方式で放出を実施すると述べた。

彼は定期的にそうするが、他の場所でも同様の措置を支援するためにスケジュールを進めたと付け加えた。

現在、SARS-CoV-2のオミクロン変種の急速な拡散と米ドルの強みを考慮すると、アジアの石油需要の弱化の兆しがあります。

グローバルベンチマークであるブレントオイルは昨日バレル当たり76ドルの下で取引され、米国主導の計画が発表されてから約7%下落しました。

金曜日に米国の休日のために取引されなかった西部テキサス産の原油も下落し、米ドルの上昇は、その通貨で価格が設定される石油などの原材料の魅力を減少させました。

COVID-19 感染症の深さで、クルーデのラリーは、投資家がオミクロンが提起した需要への挑戦を拡大するにつれて、ここ数ヶ月でかなりの逆風に陥った。

同時に、OPECとその同盟国は継続的に供給を増やしており、米国は国家戦略の備蓄から調整された石油排出を主導しています。

Oanda Asia Pacific PteのシニアマーケットアナリストであるJeffrey Halleyは、次のように述べています。

それは低レベルの石油消費を意味すると彼は言った。

コメントが確認されます。 記事に関連するコメントを維持します。 悪口やわいせつな言語、あらゆる種類の人身攻撃、または宣伝を含むコメントは削除され、ユーザーがブロックされます。 最終決定は台北タイムズの裁量に従います。

READ  新日本製鉄、日本のビジネスパートナートヨタ、特許訴訟

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close