経済

日本、石油卸売業者への補助金の支給によりガス価格の抑制

ガス価格が7年で最高水準に上昇するにつれて、政府は石油代理店が特定のしきい値に達したときに価格を抑えることができる新しい補助金プログラムを作成しています。

11月16日、萩宇田光一経済賞が発表したこの措置は、コロナウイルス感染症から日本の経済回復を妨げることを防止するため、小売ガソリン価格の引き上げを抑制することです。

しかし、価格引き上げを抑制するために卸売業者に補助金を支払うことは前例のないことであり、実効性と公平性に疑問を提起する。

日本エネルギー経済研究所(Institute of Energy Economics Japan)石油情報センター(Oil Information Center)の報告書によると、日本の一般ガソリン平均小売価格は11月8日基準リットルあたり169円($1.48)を記録し、10週連続上昇見えた。

これはほぼ7年ぶりに最も高い数値だ。

一部の政府管理者は、平均ガソリン価格がリットル当たり170円を超える場合、卸売業者にリットル当たり最大5円の補助金を提供することを要求している。

政府は灯油と軽油に対する補助金の支給も検討している。

ガス補助金プログラムは、政府が早ければ11月19日に作成する緊急経済パッケージに含まれると予想される。

政府は現在、会計年度に獲得された準備金を使用して、年末までにプログラムを開始すると予想しています。

ガソリン価格は、原油需要が急増する冬に急上昇する傾向があります。

そして価格は3月末まで上がり続けることができます。

政府はガス補助金プログラムを決定しましたが、プログラムの総費用を含む多くの詳細を具体化する必要があります。

経済産業省は、石油流通業者に補助金支給額だけ卸売価格を抑制すると約束する方案を推進している。

国土部はまたガソリンスタンドに小売油価格を牽制するよう促す計画だ。

しかし、ガソリンスタンドごとに卸売価格に交通費、人件費などを考慮して小売価格を策定して小売価格を抑えるかは未知数だ。

国土部は全国ガソリンスタンドを対象に調査した結果、ガソリン価格が全般的に下落したと把握されると、油流補助金の中断を検討する予定だ。 国土部は調査対象のガソリンスタンド数を拡大し、全体的な絵を描く計画だ。

ただし、プログラム終了が発表されると、プログラムはさまざまな分野で価格変動を引き起こす可能性があります。

このプログラムに関するもう1つの質問は、納税者の​​お金でガソリン価格のみを補助することが適切かどうかです。

急騰する原油価格は様々な製品やサービスの価格を急騰させています。

日本研究所のマクロ経済研究センターの東芝石川所長は、プログラムの恩恵が最終的に下流の小売業者に到達できない可能性があるという懐疑論を表明しました。

彼は「関連税率を下げることがより広い領域でより効果的であろう」と述べた。 「しかし、政府は法改正が必要なだけ税率を下げるのに時間がかかるため、代わりに補助金プログラムに目を向けています。」

彼は、プログラムの公平性を確保する方法が政府が直面する課題だと述べた。

Dai-ichi Life Research InstituteのチーフエコノミストであるHideo Kumanoは、このプログラムが実施されれば卸売業者が反発の対象になる可能性があると述べた。

彼は「ガソリンに対する税金を下げれば、石油流通業者に補助金を支給するよりも上昇するガソリン価格に対処しながら、より高い水準の透明性を確保できるだろう」と述べた。

クマノはまた、小売ガスの価格が下がり始めると、補助金プログラムを終了するために事前に出口戦略を準備する必要性を強調した。

(この記事は新田里、長崎純一郎、江口栄介のレポートで編集されました。)

READ  日本の5月の産業の需要の増加に粗鋼生産量42%増加

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close