トップニュース

日本、福島で太平洋に放射性の水放出| The Weather Channel-The Weather Channelの記事

福島県の汚染されたゴミがたまっ黒い袋

(神話)

日本政府は、被害を受けた福島第一原子力発電所の放射性廃水を太平洋に処分する計画を発表することができると消息筋は伝えた。

また、政府が会議を招集し、早ければ4月13日に工場に蓄積された放射能の数を太平洋に放出する計画を策定することを決定を発表すると明らかにした。

処理中に、日本北東部の工場のタンクに保存された放射能汚染水は、来年に容量に達すると予想されます。

この発電所は、2011年の大規模な地震による津波で打撃を受け、重要な冷却機能が停止され、1986年のチェルノブイリ以来、世界最悪の核危機を招いた。

汚染された水には、福島県の発電所で溶けた核燃料を冷却するために使用された結果として、放射性トリチウムが含まれています。

日本の水産業界は、工場運営会社東京電力株式会社(TEPCO)によると、約2年後に開始する計画について熱心な反対を表明した。

金曜日に、経済産業省大臣である梶山浩(Hiroshi Kajiyama)は水産業への懸念を表明し、政府は、国際原子力機関(IAEA)や他のグローバル機構の協力を望んでました。 問題の透明性を維持します。

福島の危機の結果として、多くの国と地域で農産物の安全性に対する継続的な懸念のために、日本の農水産物の制限を続け課しています。

一方、日本の一部の隣国は、放射性廃水が太平洋に排出されることについて懸念を表明しました。

**

上記の記事は見出しとテキストを最小限に変更して、ワイヤのソースから公開された。

READ  1200年にピークを迎えた日本の桜

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close