スポーツ

日本、福島タンクの水の放出のIAEA支援要請

日本は火曜日に、国際原子力機関(International Atomic Energy Agency)に破壊された福島原子力発電所から海に排出される可能性が高い大量の処理された、まだ放射性である水を、今後放出することができるよう支援を要請しました。

日本は国際原子の専門家が放出前に方法、処理、設備を評価して、一度開始されると、品質管理および環境モニタリングを提供することを望んでいる。 梶山浩、日本経済産業省大臣がIAEA局長ラファエルグロッシーとオンライントークを行いました。

Grossiは日本が最終的な決定をしたらIAEAがKajiyamaの海に放射性の水放出に対する安全性の検討の要求を完全にサポートすると言いました。 双方はまた、工場の解体に協力することで合意しました。

放出は、工場の既に困難な解体過程の一部である約2年後に始まると予想され、これは数十年かかると思われます。 放射能水を徐々に海に放出するように、政府のパネルの勧告は、地域住民の激しい反対に直面しており、まだ決定は係留中です。

KajiyamaはGrossiに彼の政府は現在、水は何をすべきか発表する前に、最後の段階にあると言いました。 日本の管理は、計画された水の放出について、国際社会からの理解を得るために、日本が最高水準の安全性と透明性を確保すると言いました。

2011年に強力な規模9.0の地震と津波で福島発電所の冷却システムが破損している原子炉のコア3個が溶け燃料が既定の分離容器の底に落ちました。

以後10年の間に冷却水は、破損した1次分離容器から原子炉建屋の地下に絶えず抜けています。 損失を補うために追加冷却水を原子炉にポンピングして内部に残っている溶けた燃料を冷却します。 水ポンプと処理され、一部は冷却水として再利用され、残りは約1000個のタンクに貯蔵されます。

工場を運営している東京電力と政府は現在、約124万トンの放射能水に苦しんでおり、東京電力の安全文化に対する国民の放射能の懸念と不信に直面しています。

オペレータは、タンクの137万トンの容量が2022年にいっぱいになり、解体施設を建設するスペースを確保するために、タンクを取り外す必要がありすると言いました。

管理者が水除去計画を確定するために苦労しながら、外部の専門家との協力が重要であり、日本はIAEAが安全確認と監視に参加して透明性と大衆の信頼を高めるのに役立つことを願って。

___

https://www.twitter.com/mariyamaguchiのTwitterでMari Yamaguchiをフォローしてください。

READ  アメリカ人男性のライジングスターポールユダが珍しい延長戦を活用した

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close