日本、福島原発から太平洋に水を汲む計画に署名

1 min read

中国がこの決定に対して一部の食品輸入を禁止すると明らかにしたため、福島原子力発電所から処理された水を排出する計画は、日本の最後の規制障害物を除去しました。

数十年にわたって処理された水を海に放流することになった東京の金曜日の動きは、韓国が国際基準を満たしているか超過したと言いながらこの計画を承認しながら出たものです。

約133万立方メートルの地下水、雨水、ウラン棒冷却に使用される水が福島原子力発電所に蓄積されました。

収納スペースが足りないが、日本と プラントオペレータTEPCO 水を海に放流することは地域と地域の反対に当たった。

今週初め、国連原子力監視団は、放出が環境に「わずかな」影響を与え、他の場所の原子力発電所からの水の放出と一致すると述べた。

日本政府は、水の放流が夏の終わりに始まると言い、金曜日に日本の 原子力規制当局 水を排出するための機器と施設が点検に合格したと述べた。

中国、輸入禁止の動き

日本政府は、処理された水から海洋生物を維持するために工場見学から生中継実験まで、すべてを国内外で世論を得るために数ヶ月を費やしました。

RFI 英語の詳細

また読んで下さい:
日本、福島10年後「忘れられない悲劇」
フランス、最新の原発出荷日本に送る
日本裁判所、福島原発事故に対する東京電力社長の過失無罪判決

READ  [NPB NOTEBOOK] サムライジャパン投手、欧州チームに対して完璧な合同試合で印象的な姿を見せる
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours