トップニュース

日本、福島原発の放出をサポート促し

東京(AP) – 日本政府は、火曜日難破した福島原子力発電所で処理された、まだ放射能が残っている水の海への計画された放出のための漁師やその他の関連団体の支持を得ることを希望する暫定計画を採用しました。

政府は今年4月の規制当局が定めた安全基準に基づいて施設を建設して放流計画をまとめた後、2023年春から太平洋に放流を開始することを決定した。 このアイデアは、漁師、住民は、中国と韓国を含めた日本の近隣諸国で激しく反対しました。

火曜日採択された計画に基づいて、政府は、排出のために否定的な噂の影響を緩和するために水産物を購入し、一時的に保管するための凍結する資金を調達することです。 政府はまた、レストランや他の食品産業に福島の製品を促進することです。

政府はまた、安全意識のキャンペーンの一環として、放流許可レベルまで処理された水域で魚を育てる予定です。 詳細については、まだ決定されていません。

2011年の大規模な地震と津波で原子炉が損傷されて冷却水が汚染されて漏れ始めた福島第1原発の約1,000個のタンクに蓄積された水が保存されました。 この工場は、ストレージ容量が来年末いっぱいになると明らかにした。

日本の管理は、海洋放出が最も現実的な選択であり、発電所の解体のために水を捨てることが避けられないと言いました。 政府と東京電力の関係者は、微量で有害ではない三重水素は水から除去することができませんが、処理のために選択されたすべての同位体は、解放のための安全なレベルに減少させることができると言います。

危機後の10年以上の福島産水産物と農産物は販売されているすべての食品が放射能検査を受けたにもかかわらず、依然として小売業者と消費者が価格を下げるか、忌避する場合があります。

火曜日採択された計画は、発電所の運営者であるTokyo Electric Power Company Holdingsが放流による経済的被害を被った場合、賠償金を支払うよう規定しています。

火曜日の会議に出席したTomoaki Kobayakawa TEPCO社長は後に記者団に会社がすぐに補償計画を発表する予定であり、倍数の可能な結果を​​「真剣に」取ると言いました。

日本は福島原発で処理された放射性の水が太平洋に放出されることを監視して検討するために、国際原子力機関から同意を得た。 監視と検討は排出前に開始されるもので、発電所の廃棄が終わるまで数十年かかると予想されます。

日本は尊敬機関の監視が国際的理解を得るのに役立つことを願っているため、IAEAの専門家は、放出前に水のサンプリングのために福島を訪問し、TEPCOの結果と結果を比較することです。

日本が放流水安全モニタリングと評価の評価と国際社会の公開のために日本がIAEAと協力する中、政府は、漁業や他の企業の持続可能なビジネス環境を確保し、「災害被害を受けた人々と近く過ごすために最善を尽くし “と述べた。 加藤勝信官房長官は火曜日の会議で語った。

READ  ドーム初G伝導矢野監督は「まだ和也補償だけ」...ゲーム差 "10.5"を追う阪神は残りの45試合をどのように戦うか (THE PAGE) - Yahoo! ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close