日本、福島原発事故汚染水太平洋に捨てられる – People’s World

1 min read

2023年5月20日土曜日、韓国ソウルで福島原子力発電所で処理された放射能水を放流することにした日本政府の決定に反対するデモ隊が集会を開いた。 | アン・ヨンジュン/AP

科学者や環境運動家たちは、福島原発事故で汚染された水130万トンを再び太平洋に放流しようとする日本の計画について懸念を表明しました。

2011年東日本大震災と津波で福島第一原子力発電所が被害を受けた後、約1,000個のタンクに貯蔵されている「処理された」排水は今春や夏に放流される予定です。

12年前の原発事故は1986年のチェルノブイリ事故以来、世界最悪の原発惨事で、当時汚染された水が果たして安全であるかどうかについて疑問が提起された。

カリフォルニア州モントレーのミドルベリー国際学研究所の低濃度放射能測定専門家のフェレンツ・ダルノキ・ベレスは「私たちは本当に分からない」と話した。 科学 1月の雑誌。

廃水は、地震や津波の影響を受けた後、溶けた工場の原子炉を冷却する過程で副産物でした。

当時、大量の放射能が放出され、水は原子炉燃料炉心と「直接接触」して「深刻に汚染」されたと、この事件に関する報告書でグリーンピース東アジアが明らかにした。

発電所のオペレーターである東京電機パワーまたはTEPCOは、ALPS(Advanced Liquid Processing System)と呼ばれるろ過技術を使用して、汚染された水を浄化しようとしました。

最初はこの処理が酸素と結合するため、水から分離しにくい同位元素である三重水素を除いて、水中の62個の「格納物」の大部分を除去するのに効果的だと述べました。

長年にわたって低レベルの放射線を放出し、大量の人間にのみ危険な三重水素が洗浄作業の焦点でした。 しかし、2018年にTEPCOは、「処理された」水の80%にセシウム、コバルト、リチウム、ストロンチウムを含む他の危険な放射性核種も含まれていると認めました。

2020年、TEPCOはタンク内の水の72%を浄化する必要があると報告しました。 今の専門家はタンクの水が本当に完全に浄化されたかどうか尋ねています。

Dalnoki-Veressは、TEPCOはタンクの4分の1で少量の水のみを分析し、三重水素と限られた数の他の放射性核種の濃度を測定したと述べた。

アメリカのWHOI(Woods Hole Oceanographic Institution)のシニアサイエンティストであるKen Buesselerは、三重水素が水中の放射性核種の中で「最も危険ではない」かもしれないと述べました。

「コバルト-60、セシウム、ストロンチウム同位体のようなものの場合、一部の割合は三重水素よりも海底堆積物と結合しやすくなります」と彼はインタビューで語った。 チャイナデイリー

言い換えれば、海に入れるだけで水と混ざりません。 それは地域にとどまり、積み始めます。 そして、生物相(地域や生息地の生きている生物)があると、もっと露出されます。」

彼は、例えば、コバルト-60が放出されると、海底に蓄積し、貝や牡蠣が泥をろ過し、コバルトを体内に濃縮させると述べた。

「毎日牡蠣を食べる人がいたらいいじゃないですか?」 彼は言った。

フランスの放射線防護および核安全研究所の上級専門家Sabine Charmassonは、2021年にWHOIが開催したパネルディスカッションでは、放射性粒子の保有は関連する魚の種によって異なりますが、魚は糞を介して放射性核種を除去すると述べました。 プロセス。

Charmassonは、異なる物質が異なる速度で生物を通過すると言った。 三重水素は魚を素早く通過し、数日以内に消える可能性がありますが、セシウム-137は生物の筋肉や臓器に吸収され、数週間残ることがあります。 ストロンチウム-90は長年魚の骨にとどまることができます。

Greenpeace Germanyの原子力専門家であるShaun Burnieは、長い間ALPSプロセスの効率性に疑問を投げかけてきました。

Buesselerが説明しました。 チャイナデイリー TEPCOは、専門家が汚染廃水の浄化と二次処理が有効であるかどうかを確実に知るのに十分なデータをまだ公開していません。

Buesseler氏は、「私の考えでは、水がALPSを再び通過すると、放射性核種のレベルがさらに低下することを示したタンクは3つしかない」と述べた。

日本の漁業、環太平洋諸国、科学者、環境運動家の処理水の放流に対する継続的な反対にもかかわらず、日本政府は水を再び海に放流することに熱意を示しており、安全だと主張しています。

結合ソース

この記事に感謝します。 ~へ ピープルズワールド、私たちはニュースと情報が両方に無料で提供されるべきだと思いますが、あなたの助けが必要です。 私たちのジャーナリズムは完全に読者の支援を受けているため、企業の影響力とペイウォールはありません。 読者とスポンサーの皆さんだけがこれを可能にします。 読書を楽しむなら ピープルズワールド そして私たちがあなたに伝える物語、今日寄付したり、月間サステインになって私たちの仕事を支援してください。 ありがとうございます!


寄付者

結合ソース


READ  日本の食料自給自足論争は核心問題を見落とす – The Diplomat
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours