日本、福島原発放流水発表

1 min read

2014年、日本の福島原子力発電所で放射能汚染水を貯蔵するタンクの上に保護装置を着用した労働者が立っている(SHIZUO KAMBAYASHI)

不具合になった福島原子力発電所のエンジニアたちは、日本が安全だと主張しましたが、中国を怒らせ、他の場所で不安を引き起こした作業で木曜日に排水放流を始める予定でした。

約540のオリンピックプールに対応する水を太平洋に放流することは、世界最悪の原子力事故が発生してから12年が過ぎた今でも依然としてリスクの高い現場を安全にする大きな一歩です。

メディアの報道によると、パイプを通って海に1km(0.6マイル)離れた水を放流する作業は、天候と海上条件が許す午後1時(0400 GMT)頃に始まると言われています。

この計画を承認した国連原子力監視団のモニターは手続きのために現場にあり、発電所の運営者であるTEPCOの労働者は水と魚のサンプルを採取する任務を引き受けます。

-複数の崩壊-

2011年に約18,000人の命を奪った大地震と津波で、日本北東部の福島-大一施設の原子炉のうち3つが溶融状態に陥りました。

それ以来、TEPCOは地下水と染み込んだ雨水とともに破壊された原子炉を冷やし、汚染された水134万立方メートルを収集しました。

三重水素を除くすべての放射性元素はろ過されたと主張するが、三重水素は無害で、中国を含めて稼働中の原発から排出されるレベルより低い。

これはほとんどの専門家によって支持されています。

イギリスのブリストル大学のトム・スコット(Tom Scott)は、「太平洋に放出されると、三重水素は広大な水域にさらに希釈され、一般の海水と顕著に変わらない放射能レベルに急速に到達する」と述べた。

「したがって、リスクはほとんどなく、比較的短い放射性半減期により、リスク自体が時間の経過とともに減少します。つまり、三重水素の量(したがってリスク)は絶えず減少します。」

-寿司安全-

誰もが確信しているわけではありません。 環境団体であるグリーンピースは、ろ過過程に欠陥があると述べ、中国とロシアは代わりに水を気化させて大気に放出することを提案します。

中国は日本が太平洋を「下水道」のように扱うと非難し、釈放される前から中国は日本の47県のうち10県で食糧輸入を禁止して放射線検査を行ってきました。

中国領土の香港とマカオも今週、その後に続いた。

寿司と刺身を提供する北京と香港のレストランはすでに規制に巻き込まれています。

「私たちが使用するシーフード製品の約80%は日本産です」 日本料理のテイクアウトのための小さなキッチンを運営する香港ケータリングJasy ChoiがAFPに語った。

「日本の輸入材料の半分以上が影響を受けた場合は、運営が困難になります。」

アナリストらは、中国が本当の安全に対する懸念を抱いている可能性があるが、少なくとも部分的には経済競争と冷たい日本との関係が強い反応を呼び起こしたと述べた。

韓日関係改善を図る韓国政府は、多くの庶民が憂慮してデモを行っているのに反対していない。

中国と韓国のソーシャルメディア投稿には、福島と関連があるという主張とともに、変形した魚の操作されたイメージを含む、放出に対する偽の主張が含まれています。

ブルストゥ/スコ

READ  Roarの若者推進を導く日本人の才能
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours