日本、第1次防衛技術指針書に12の核心分野登載

Estimated read time 1 min read
読売新聞ファイル写真
首相室

政府がすぐに発表する国防技術指針に国家安全保障強化に必要な12の核心分野を明示したことで読売新聞が把握した。

無人技術やサイバーセキュリティなどの分野をカバーするこのガイドラインは、取得、技術、および物流機関がセキュリティポリシーに最先端の研究開発を組み込むために編集した最初の包括的な文書になります。

現場は通常、いくつかの省庁および機関の管轄下にあります。

ガイドラインは、10年以内に実行可能なスキルをリリースするための努力をしなければならないと述べます。

政府は昨年12月に改正された国家安保戦略でインフラ構築など既存の国防費で集計されなかった4つの分野を安保関連費用で充当すると明らかにした。 防衛技術ガイダンスは、セキュリティ関連支出として記録されるべきプロジェクトを評価するために使用されます。

政府は今夏の次期会計年度予算編成の際にガイドラインを活用する計画だ。

政府は今回のガイドラインに具体的な分野を明示することで、民間投資の活性化はもちろん、民間・国防部など研究所管省間の「共通理解および技術協力基盤構築」が行われることを期待している。 フィールド。

12の「日本を守る中核技術分野」には無人システム。 サイバー防衛、エネルギー、ネットワーク。

各分野の特定の技術には、リモートコントロールロボット、サイバー攻撃検出、アンチドローンレーザー、およびメタバスが含まれます。

さらに、日本は「国防の変革をもたらし、技術優位を確保するイノベーション」を実施することを目指します。

他の国では、国防および民間目的で使用できる二重用途技術への投資が進められているのに対し、日本ではその努力が遅れています。

日本の科学技術分野の予算は2023年度に4兆円を超えました。 しかし、そのうち48%は文部科学省に、15%は経済産業省に割り当てられています。 国防省に5%。

READ  オリンピックが裂孔| ニュース、スポーツ、採用情報
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours