日本、第3ターミナルなど具体的な努力継続すること

Estimated read time 1 min read

日本は、ダッカ空港第3ターミナルのように地域と国際社会の「平和、安定、繁栄」のために、連結性の強化に寄与する具体的な努力を続けると明らかにしました。

日本外務省次官の小村雅弘(Komura Masahiro)は、土曜日、「東南アジアとインド亜大陸が結合されたバングラデシュは、自由で開放的なインド太平洋を実現する重要なパートナー」と話しました。

彼はシェイク・ハシナ首相が主要ゲストとして出席したハズラート・シャザラル国際空港(HSIA)第3ターミナルのソフトオープニングイベントで演説していました。

今回のイベントには、民間航空観光部長官マフブブ・アリ(Md Mahbub Ali)と他の長官や官僚たちが出席しました。

日本国土交通省国際部次官上原敦(Uehara Atsushi)。 この日の行事には岩馬紀美のりバングラデシュ日本大使も参加した。

この日の行事で日本外務次官は「HSIA第3ターミナルのソフトオープンを祝う」とし「日本とバングラデシュは修交以来非常に緊密な関係を維持してきた。 両国の旗です。」

今年4月、岸田文夫日本首相とシェイク・ハシナ・バングラデシュ首相が日本を訪問して「戦略的パートナーシップ」を結んだ。

彼は「新しい両国関係は、防散装備協力、EPA実現のための共同研究など多様な分野で進展している」と話した。

近年、ベンガルマン産業の成長ベルトイニシアチブに基づき、日本は地域の接続性を強化するために、ダッカ地下鉄、マタルバリ深海港、ダッカ空港第3ターミナルなど主要インフラ開発に積極的に参加してきました。

今年9月には両国が念願した高川東京を結ぶ直行便も就航した。 彼は「人的交通をさらに活性化し、日本企業の投資拡大に貢献すると期待される」と述べた。

READ  解説者 - 日本の電力部門がLNGに大きく依存する理由
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours