日本、第3ターミナル地上操業契約締結

1 min read

バングラデシュ民間航空局(CAAB)は、Hazrat Shahjalal国際空港の新しい第3ターミナルの地上操業が日本と契約すると発表した。

CAAB空軍副司令官M Mafidur Ra​​hmanは、土曜日のHSIAでバングラデシュ航空および観光ジャーナリストフォーラム(ATJFB)が主催した会話でこれを公開しました。

CAAB所長は「日本は地上操業に関心を示し、政府は彼らにこの仕事を任せる政策的決定を下した」と話した。

これは、PPP(Public-Private Partnership)モデルを通じて行われると彼は付け加えました。 これは、日本が経験豊富な民間企業の1つを持ち、現場で作業を行うことを意味すると述べた。

10月にオープン予定のHSIAの新しいターミナル3は、ベトナム航空の歴史の版図を変えることが期待されています。

タンジム・アンワルのATFJB会長がプログラムを進行し、ジアウル・ホケ・サブズ事務総長が歓迎事を行いました。

航空機の購入に関して、Mafidur Ra​​hmanはシェイクをしていたが、首相は航空機を増やすよう指示し、貨物容量を増やすように頼んだと述べた。 これが航空機を購入する理由です。

「ボーイングと良い関係なのに最近、エアバスの問題も出てきた。 エアバスがボーイングよりも良い提案をしたら、私たちは彼らと一緒にやります。 Bimanは私たちに最高の提案を提供する人を選ぶでしょう。」と彼は言いました。

CAAB局長は、Saidpur空港を地域ハブにすることについての質問に、「私たちはマスタープランを持って作業に飛び込み、場所も買収の対象として指定されました。しかし、これにはTk 5,000 croreが必要です。順位を決めることができなかった」と話した。

READ  アイルランド、日本・シンガポールに続いてパスポート使用性指数1位
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours