日本、第3四半期ファンデミック以来最大の萎縮

Estimated read time 1 min read

東京 – 日本経済は、コビッド-19大流行が最高潮に達して以来、最も急激なペースで萎縮しており、これにより日本銀行(BOJ)が世界最後のマイナス金利体制の廃棄に近づいているという推測が高まる中、政策経路が複雑になりました。

12月8日、内閣府が発表した修正数値によると、国内総生産(GDP)は家計の支出抑制で前四半期から9月まで3ヶ月間年平均2.9%減少したことが分かった。

更新された数値は、2020年春以降の最大の下落幅を記録し、予備数値である2.1%下落およびやや狭い萎縮の合意見積もりと比較されました。

修正された結果は、日本の大流行からの回復傾向が夏の間に弾力を失ったことを確認させ、海外経済が鈍化し、硬直的なインフレが国内消費を押し続けるにつれて展望も揺れていることを確認させてくれます。

別の月別データによると、今四半期の弱気は、10月の家計支出が前年同期比2.5%減少し、8連続減少したことがわかりました。 今月の名目賃金引き上げ率は1.5%で、依然として消費者支出を押し下げるインフレに及ばない賃金引き上げ率を見せています。

総合すると、当局が10年を超える大規模な扶養策実験から退く前に、肯定的な賃金 – 価格サイクルが設けられたというより多くの証拠を待って、中央銀行の計算が複雑になりました。

また、岸田文夫首相が資金調達スキャンダルとインフレ影響に対処するための措置に対する批判の中で、記録的な低い支持率に対抗して戦っている中、これらの措置も岸田文夫首相にほぼ休憩を提供していません。

楽天証券経済研究所のアタゴ・ノブヤス首席エコノミストは「改訂されたデータと支出報告書は消費鈍化の兆しを見せる」と述べた。 「経済がすでに悪化している状況では、BOJがマイナス金利政策を終了するのは危険です。」

「しかし、彼らの主なシナリオは、彼らが1月に新しい価格の見通しを持って動くと思います」とAtago氏は、政策調整を正当化するために時々使用される四半期の見通しについて言及しました。

弱いGDPの数値は、BOJがマイナス金利を廃止するために早く動くという市場の推測が急増している中です。 上田一雄中央銀行総裁が今年末から自身の業務がさらに難しくなるという発言と金利引き上げの可能性を縮小する副総裁の発言で市場雑談が触発された。

日本債券の利回りは12月7日、1年ぶりに最大値に急騰し、円は米ドルに比べてほぼ4%強い。

日本の通貨はGDPの結果以来、12月8日にさらに強みを見せており、これはBOJが2月と年間第4四半期のGDP数値を待たず、12月の会議が開かれたらすぐに措置を取ることができるという推測の波を妨げなかったというを示唆しています。 3月の賃金交渉資料です。

木曜日、円が急上昇する前にブルームバーグが調査したほぼすべての経済学者は、12月19日に次の会議を終えるときにBOJの政策変更はないと予想しました。 彼らの3分の2は、銀行が来年初めにマイナス金利を廃止すると予想しました。 4月が最も可能性の高い時期と考えられており、1月には早く動く危険があります。

GDPデータによると、消費は初期の平坦な数値と比較して夏の間0.2%減少し続けていることがわかりました。 資本支出の数値は増加したが、依然として0.4%減少した。 貿易も成長に負担を与えた。

予想よりも悪い消費者支出は、物価上昇が家計に負担をかけているというもう一つの兆候です。

インフレが消費に及ぼす大きな影響は、岸田氏に政治的費用を与える。 家計の生活費の上昇に対処するのを助けるための彼の最近の景気扶養策にもかかわらず、彼の政権への支援は枯渇しました。 ブルームバーグ

READ  知事Josh Green、MD | DBEDTプレスリリース:総訪問者到着および訪問者支出は2022年と比較して3ヶ月連続で減少しました。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours