トップニュース

日本、篠木コロナ19治療薬緊急承認

東京、11月22日(ロイター) – 日本は22日、日本製薬会社塩野&アンド(Shionogi&Co Ltd)の緊急承認を承認すると発表した。 (4507.T) コロナ19治療剤として軽症患者のための国内初の経口用治療剤だ。

日本の規制当局は、以前は塩野丸薬の効果に関するより多くのデータを見たいと思って緊急承認を拒否しました。 動物の研究によれば、薬が妊娠に危険をもたらす可能性があるという懸念もありました。

Kato Katsunobu保健省は、保健省パネルの承認を得た後、Ensitrelvirとして知られている経口薬の決定を発表しました。

加藤は記者たちに「妊婦の場合、使用は許されないと言ったが、別の治療法でコロナウイルス対策に寄与すると期待する」と話した。

治療剤承認の遅れにもかかわらず、塩野基は先月規制承認を受けるという期待で年間売上予測を上方修正した。

同社は、薬の承認を待っている間、政府に約100万回分を販売する契約を締結しました。

塩乃木株価は承認が差し迫ったという朝のメディア報道以後、2.77%上昇した7,171.0に締め切った。

取材:勝村真理子、金子香織、エレインライズ。 Kenneth Maxwell, Kirsten Donovan 編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本のRaj Mathai見アップデート - NBC Bay Area

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close