トップニュース

日本、米国、フランス、最初の合同「戦争ゲーム」開催| ヨーロッパのニュース

5月11日から17日まで行われる軍事訓練は3カ国地上軍が参加する日本初の大規模な訓練です。

日本は来月南西部で米軍とフランス軍との合同軍事訓練を実施すると国防長官は、中国の地域海域での行動が懸念を呼び起こしていると発表した。

日本の陸上自衛隊(JGSDF)は金曜日の声明で、5月11日から17日まで行われる今回の訓練は、3カ国の地上軍が参加する日本初の大規模な訓練と述べた。

これは日本が東シナ海太陽南シナ海でますます大きくなる、中国の主張に対抗するために、米国の主要同盟国を超え国防協力を深化させようと努力によるものです。

「フランスは自由で開放されたインドの – 太平洋のビジョンを共有している」とNobuo Kishi国防長官が記者団に語った。

「日本、米国、フランスとの間の協力を強化することにより、私たちは、人里離れた島の領土を守る自衛隊の戦術と技術をさらに向上させたいと思います。」と彼は言った。

パリはインド洋にあるフランス領レユニオン島と南太平洋のフランス領ポリネシアを含む領土がインド – 太平洋の戦略的利害関係を持っています。

合同訓練は、JGSDFの霧島訓練場と九州地域のキャンプ子供ノーとで行われ、上陸作戦訓練も含まれます。

中国の脅威

先週菅義偉首相とジョー・バイデン米大統領は中国に対抗して、技術を含む協力を強化することを約束しました。

両首脳はまた、 “東海と南シナ海での強制または降圧に現状維持を変えようとする”しようと反対することに合意しました。

バイデンの外国の指導者との初対面会議はまた、新たな米政府が、中国のボールだと思っている」よりクワッド」として知られている非公式同盟である米国、日本、オーストラリア、インドの間の共同作業を可能にするためのものでした。 インドの – 太平洋で。

米国は、中国が南シナ海の海軍と航空施設だけでなく、人工島の建設、この地域を「不安定化」したと非難しました。

日本は長い間、中国の莫大な軍事資源と領土紛争に脅威を受けていると言いました。

特に中国がDiaoyuを主張して呼ぶ、日本が管理するSenkaku島以降の中国の活動に興味を持っています。

米国は最近数カ月の間に、日米安保条約が紛争の島に適用されることを繰り返しました。

中国は南シナ海の大部分を占めており、主な貿易水路の歴史的な権利を正当化するために、いわゆる「9点線」を呼び出します。

ベトナム、フィリピン、マレーシア、ブルネイ、台湾はすべて海で中国が宣言した領土の一部と競合します。

2016年ハーグの国際裁判所は、中国が南シナ海で提起した主張を最初の判決で無効し、南沙島での中国の埋め立て活動も違法と言いました。 中国は決定を拒否した。

READ  3×3のバスケットボールでは、米国代表クラッシュ、日本の開催 - NBCシカゴ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close