技術

日本、米国、中国対応のための長距離ミサイル議論 – The Diplomat

東京レポート | セキュリティ | 東アジア

防衛長官会議で日本は米国の支援を受け、「反撃能力」で防衛力を強化した。

ロイドJ.オースティン3世米国国防長官が2022年9月14日、ワシントンDCペンタゴンで浜田康和日本防衛賞を接見している。

クレジット取引: Lisa Ferdinandoの米国防総省の写真

浜田康和日本防衛賞は9月14日、ペンタゴンでロイド・オースティン米国国防長官に会い、日本と米国が台湾を取り巻く地域的緊張悪化に対応して防衛戦略を統合する計画だと述べた。

ワシントンDCでは、浜田は日本が改正された国家安全保障戦略の一環として、防衛能力を強化するために「反撃能力」を検討していると述べた。 日本防衛賞は先月、中国が台湾で実施した軍事訓練のうち、日本の排他的経済水域(EEZ)に5発の中国ミサイルを発射した事件を契機に日本の防衛態勢を全面改編しなければならないと主張している。

90分間の会議で、オースティンは日本の計画について「強力な」支持を表明しました。 彼は「台湾海峡と日本をめぐる海域で中国の強圧的行動は挑発的で安定を毀損する前例がないこと」と話した。

日本はますます非友好的な核保有国、すなわち北朝鮮、中国、ロシアに囲まれています。 そのような背景から、日本がもはやミサイルを迎撃するだけでは自らを守ることができないという懸念が出ている。 浜田長官は、レーダーシステムを越えて敵軍を打撃できる長距離スタンドオフミサイルを調達しようとする日本の意図を説明しました。

敵基地、特にミサイル発射場を打撃できる長距離ミサイルの調達が憲法違反かどうかについても議論が起きている。 日本は平和憲法により排他的防御態勢を維持している。 日本自衛隊は憲法上、敵軍が日本を攻撃する準備をしている場合、先制攻撃を行うことができるようにしている。 しかし、「予想される武装攻撃状況」の正確な定義は、決定的な瞬間に日本を傍観することができます。

この記事が好きですか? フルアクセスを購読するにはここをクリックしてください。 1ヶ月に5ドルを支払うだけです。

日本は今後5年間で国防費をGDPの2%に倍増する計画であり、これはNATO加盟国と同等です。 日本防衛省は来年会計年度に400億ドルを要求しており、米国と中国に続き世界3位の軍事費支出国家になる予定だ。 しかし、中国の軍事費支出は26年連続で増加し、2022年度基準の日本よりほぼ200倍高い2,290億ドルです。

中国はまた、音速5倍の速度で飛行する作戦可能な超音速ミサイルを保有しています。 日本とアメリカは中国の極超音速ミサイル技術が数十年先にあると思われるので追いつくゲームをしなければならないでしょう。 日本と米国は防衛長官会談で極超音速ミサイル迎撃のための情報収集と共同技術研究に協力することに合意した。

日本と米国の同盟は日本に拡大された抑制力を提供しますが、日本はまた、長距離ミサイル調達が抑制力を提供することを願っています。 一部の専門家 日本では、米国が信頼できる同盟国かどうかについて懸念を表明しました。 オースティンは、米国の「日本の防衛へのしっかりした意志」を再確認した。 彼は日本も米国の核と従来の防御能力の「全範囲」によって支持されていると付け加えた。

日本の戦後平和憲法は「国家が関わる国際紛争を解決するための手段としての戦争」を不法化しています。 執権自民党は今年改憲に拍車をかけ、この問題を公論化することを目指している。 5月に実施された毎日新聞世論調査によると、大衆の3分の2が日本が「反撃」能力を獲得することに賛成することが分かりました。

浜田国防長官は就任月が去る8月29日、「国際社会は第二次世界大戦以来、最大の挑戦である新たな危機局面に入った」と話した。 台湾を武力で掌握するという中国の脅威はまた、執権自民党が憲法原則に集中するよりも、日本の安保現実を考慮するように大衆を説得する余地をさらに与える。

READ  ツーリングパッケージが含まれている2022年型ポルシェ911 GT3が帰ってきました

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close