トップニュース

日本、米国が中国を注視しながら1月2+2安保交渉に注目する

日本政府の消息筋は、日曜日、米国と日本が増加する中国の軍事的主張に対処するために同盟を強化するために、1月に外務大臣と国防長官が参加する安保会談を開催することを検討していると述べた。

消息筋は林吉正日本外務相と岸信夫防衛賞が米国を訪問し、アントニー・ブリンケン米国務長官、ロイド・オースティン国防長官といわゆる2+2会談を持つことにしたと消息筋が伝えた。

日本と米国は、中国の軍事活動強化で緊張が高まっている台湾海峡の平和と安定維持とともに、北朝鮮の非核化実現のため緊密に協力することにしたと消息筋は伝えた。

対面会談は、日本政府がワシントンの要請により、2022年度から日本に駐留する費用を12月にさらに負担することを決定し、大臣が費用分担協定に署名した後に開かれると見られると彼らは述べた。

日本と米国は去る3月、東京で2+2安保会議を開催した。 消息筋によると、両国は当初今年末まで次期会談を開催する予定だったが、12月の日本の政治行事により次期会談を延期すると予想されると消息筋が伝えた。

安保会談は10月に発足した岸田文夫首相内閣長官が参加する最初の会談になるだろう。 日本と米国も首脳会談を計画しているが、日付はまだ決まっていない。

日本の年間防衛費は北朝鮮の核・ミサイル開発と中国の浮上に直面して増加傾向を見せており、防衛省は4月から始まる2022年度に5兆4700億円(480億ドル)の予算を要求している。

岸田内閣は12月予算案を承認する予定だ。


関連する適用範囲:

日本政府は米軍基地埋立作業を控えて地が沈むのを知らない

バイデンは日本が岸田首相に国防費を増額するという希望を表明した。

日本は駐留米軍をもっと背負うという米国の要請に応じる予定


READ  アメリカ、東京オリンピックに先立って、日本の「旅行禁止」勧告緩和

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close