トップニュース

日本、米国とトマホーク買収交渉の最後のパンツ – 読売

東京、10月28日(ロイター) – 日本が米国産トマホーク巡航ミサイルを購入するために米国と交渉の最後の段階にあると読売デイリーが金曜日にいくつかの匿名の日本政府消息筋を引用して報道した。

トマホークは1,000km(620マイル)以上離れた所から目標物を攻撃することができ、中国とロシアの極東地域を範囲内に収めることができます。

東京は北京の急速な軍事近代化と近隣海域での活動の増加に直面し、第二次世界大戦以来最大規模の武器増強を模索しています。

日本が去る2月ロシアがウクライナを侵攻した後、台湾と日本周辺の海と空で中国の軍事活動に対する懸念が高まった。

中国は去る8月、ナンシー・フェロシ米下院議長の台湾訪問に怒った日本で160km以内の海域にミサイルを発射した。

先週開かれた20次共産党大会で習近平中国国家主席は、世界レベルの軍隊建設計画を加速化するよう促した。 彼は、祖国が台湾問題を解決するために武力を使用する権利を決してあきらめないと述べた。

キム・チャンラン記者; スティーブン・コーツの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  コロナウイルス:日本は記録的な7次波で苦労しています。 アジア| 大陸全体のニュースの詳細を見る DW

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close